のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●ドラポジ調整、完了!2017年06月22日 22:15



しばらく前から、計画していた
FTOの、ドライビングポジション調整。

時間が取れなかったり、
雨が降ったり、いろいろ
ありましたが…

シート、やっと外せた!

そして…

ねじ穴ひとつ分後ろに下げて
再装着、完了!


とりあえず、座ってみたところ
もちろん、今までよりも
ゆったりしたのと、確かに
シフトノブの位置が、自然に
なったような…?

そして、クラッチペダルに
足を乗せただけの状態での
ひざの曲け角が緩やかになったので、
足が楽かも…?!

これは、早速試走したい!

ということで…

とりあえず、ざっと洗車を。

明日の早朝、2ゃんから
お許しが頂けたら、久しぶりの
早朝ドライブに出かけようと思います!

楽しみですー!

●ドラポジ改善準備!2017年06月20日 22:15



しばらく、時間が経って
しまいましたが!

FTOのドライビング
ポジションの改善、
しようと思います!


事の発端は、シフト操作について
このブログと、Twitterで質問をしたのが
きっかけでした。

わたしは、AT時代からの癖で、
シフトノブを横から握ることが
多かったんですが、ほとんどのかたは…

こんな感じで、手のひらを
シフトノブに押し付けつつ、
動かしたい方向に倒すやり方
なんだそう。

確かに、この動かし方をすると
速く、確実な操作ができます。

だから、わたしもその方法に
矯正したい!

けれど、わたしのFTOでそれをやると
左ひじが、シートの張り出し部分に
ぶつかって、腕が動かしづらいんです。


…とはいえ、スポーツ走行用シートが
シフト操作しにくい、なんてこと
あるわけないですよね。

なので、あれこれ調べた結果、
どうやら、シートポジションが前過ぎるのが
原因であることに気づきました。


以前、強化クラッチをつけていた時に
左足に力がこめやすいよう、
かなり前気味にしていたんです。

今は、ノーマルクラッチに戻したので
そこまで、左足優先にする必要は
なくなりました。


なので…

こんな工具で…

このあたりのねじを調整して、
前後位置だけでなく、ついでに
傾きも調整して、現状で最高の
ドラポジを見つけ出そうと思います!


…とはいえ、作業を始められたのが
18時過ぎになっちゃったので、
今日は、必要な工具の準備と
計画だけ立てて、終わっちゃった。

なので実作業は明日、がんばります!

●今日も、珍しい車!2017年06月17日 22:15



今日は、天気がよかったから
お出かけ日和でしたね!

作業部屋の窓から、久しぶりに
珍しい車を見ることができました。


まずは…

クライスラー・クロスファイア

この車は、ダイムラー・クライスラ-時代の
クライスラーが販売した、
スポーツクーペです。

全長が、FTOよりも短かい
コンパクトなサイズなんですが、
駆動方式は、FRです。

それもそのはず、初代メルセデス SLKと
車体やエンジンを共有しています。

ダイムラー・クライスラー時代の
共同開発、ですね!

コンパクトなのに
アメ車らしい迫力があって、
中身は、ドイツ車の信頼性。

個人的には、魅力的に
映ったんですが、日本での販売台数は
少なかったみたいです。

でも、今見ても、ひと目で気づく
オーラがあると思います!


そして…

ホンダ NSX。

これは、初代の型ですね!

ヘッドライトが、パカパカ開く
リトラクタブル式です。

でも、後期型NSX-R用の
リアスポイラーが付いてます。

バッジも赤だったりと、
個性的に手が入っていて
かっこよかったです。

あ、ホイールはわたしのFTOと
同じ銘柄かも!


そして最後は…

ホンダ S800。

今日は、神社のお参りに行く途中で
近所の藤園に寄った んですが、
その近くの、ホンダディーラーに
展示されていました。

小さな車ですが、惹きつけられますね!

S800の初期型は、エンジンの動力を
バイクと同じように、チェーンを介して
後輪に伝えていました。

今では考えられない、
独創的な四輪車だったんです。

展示されていたのは、
チェーン駆動ではなくなった
後期型のようですが、よく見ると
ヘッドライトすぐ横に、大きな
サイドマーカーが付いてます。

これ、どうやらS800M、と呼ばれる
仕様のようです。

北米版の装備を、国内版に
アレンジして装着した
モディファイ版、ということみたい。

とっても貴重な個体のようです。


普段より、ちょっと足を伸ばしてみたら
いいものが見られてよかった…!

●にゃんと、ラリーと2017年06月11日 21:45



まったくのノーマークだったので
このブログや、Twitterで
お世話になっている方から
教えて頂くまで、気づきませんでした。

ここ2年、観に行っていた
嬬恋ラリー、昨日今日で
開催されたんですね!


わたしが行った2年は、
どちらも、8月末開催だったんです。

なので、今年もそうだろうな、と
思っていたんですが、まさか
このタイミングとは…!


2015年は…

こんな感じでした。


そして、2016年は…

こんな感じ。


2年連続で、霧に包まれる
ラリーとなりました。

おそらく、競技をしている
選手の方々は、走るの
とっても大変だったと思います。

ただ、観る側としては、
確かに、気づいたら服が
濡れてたり、8月なのに
肌寒さを感じたりもしましたが…



独特の雰囲気が魅力的で、
そんなに、悪い印象でも
なかったりして。


もしかしたら2年連続
霧だったから、開催時期を
調整したり、したのかな…?

そういえば、嬬恋ラリーって
国際ラリー大会に格上げされた、
みたいな話を耳にしました。

そういう事情も、絡んでいるのかも…?


で、もちろんわたしは、
今年の大会も、楽しみにしていて
行くつもりでいたんですけど、
残念ながら、自重することにしました。

くろねえさん、投薬中なので。

何かあったら、大変ですもん。


実は、8月開催だと思っていたので、
そのくらいの時期であれば、
6時間近く、二人きりでのお留守番を
練習してもらっても良いかな、なんて
画策してたんです。

そして、2年行って道も覚えたので
ナビも必要ないですし、今回は
FTOで出陣しようかな!…とも。


そのあたりの思惑、外れちゃいましたが
事情が事情ですし、仕方ないですね。


くろねえさんの体調については
気になっているところも、ありますし。

くろねえさんの回復は順調で、
食事やトイレのリズムだけでなく、
生活全般も、すでにほぼ
いつもどおりなんです。


気になるのは、今回なんで
膀胱炎の症状が出たか、ということ。


1年前、しろくろさんに
膀胱炎の症状が出たときは
原因が明白でした。

毎日、かつお節を食べていたから
塩分過多になってしまったんです。

なので、以降一切かつお節を
やめることと…

この療養食を導入して、
食事環境を改善したので、
それからは、再発がありません。


でも、くろねえさんの場合は、
そもそも、かつお節をあげたこと
なかったですし、家にきてからは
ずっと、療養食を食べてるし。

だから、正直なところ
原因がわからないだけでなく
これ以上の、改善のしようが無いんです。


ただ、病院に行ったおかげで
得るものがありました。

エコーの写真を頂いたんですが…

黒い空間が、膀胱です。

本来であれば、左右対称なんです。
右半分の、滑らかに丸い方が
正常な状態。

左の、膨らんでる側が
膀胱炎を起こしている場所
なんだそうです。

膀胱炎を起こすと、こういう風に
膨らむのは膨らむんですが、
くろねえさんの場合、膨らんでる、と
いうより、変形してる、といっても
過言ではない状態だと思います。


でも、尿の成分自体には
問題がなくて、ねこに起こりやすい
尿管結石の傾向も、その前段階である
細かい結晶も、発生してません。

ある意味、理想的なんだそうです。


…そんなあれこれから、
くろねえさんの実態を想像すると。

もしかしたら、外暮らしをしていた
時から、慢性的に膀胱炎の
状態だったのかも…?

外暮らしをしていると、
いろんなものを、食べますから。

わたしは、成分調整された
カリカリをあげていたけれど、
狩りだってしましたし、おそらくは
生ごみを食べたことだって
あったと思うんです。

そういう暮らしで、膀胱に
ダメージが蓄積していたことは
考えられます。


それが、家の中に入ったことで
改善されてきつつあるんじゃないかな…?

まずは、尿の成分が改善されて。

まさに今、くろねえさんは
過去に無かった、良好な健康状態に
なろうとしてるんじゃないかな?!
…なんて、思うんです。


思い返してみると、家に来たばかりの頃は、
おしっこの回数が、多かったんですよね。

通常、ねこは1日に2~3回。
しろくろさんも、そんなリズムです。

でも、くろねえさんは1日に
5~6回、していましたので。

水を大量に飲んだし、
体格も大きいので、そういうもの
なのかなぁ、と思っていました。

それに、溜め込むよりは
どんどん出しちゃった方が
いいだろうな、なんて。

でも、あの状態は
おかしかったんだなぁ…。

今は、しろくろさんと同じように
1日2~3回になっているんです。


本来なら、家に入れた段階で
健康診断、的なことを
すればよかったんですよね。

そうすれば、どんな持病を
抱えていたか、わかったんです。

でも、怪我がきっかけで
家に入れたので、怪我を治すことに
注力していて、思いつきもしませんでした。

さらには、家に入れたのが
12月28日。

動物病院が、年末年始休暇に入る
ぎりぎりの日でしたから。


…そんなわけで、くろねえさんの
状態は、想像するしかないんですが、
あいかわらず、しろくろさんのこと
気遣ってくれるくらい元気です。

でも、原因がはっきりしていないから、
わたしは、今後の経過に注意する
必要があります。

まずは、次回病院に行ったときに
これで大丈夫ですね、という
お墨付きが頂けるように、食事や
トイレや薬の管理、続けようと思います。

そして、来年の嬬恋ラリーは、
のら2ゃん留守番で、気兼ねなく
行きたいなぁ…!

●矯正!シフト操作2017年06月09日 21:45



この間、マニュアル車の
シフト操作について、
ブログに記事を書きました。

そしたら、特にTwitter上で
思った以上に、沢山のご意見を
頂くことが出来ました。

皆さん、どうもありがとうございます!


わたしは今まで、シフトノブを…

横から、ガングリップみたいに
握ることが多かったんです。

でも、多くの方々はこの…

手のひらを乗せる感じで
操作しているそう。

指で握るのではなくて、
動かしたい方向に、
手のひらを押し込むんだそうです。


実のところ、わたしが
この操作方法をしなかったのには、
おそらく、2つの理由があります。


理由のひとつは、わたしのFTOが
購入当時、オートマ車だったから。

国産初の、自分で好きなときに
変速できる機能が搭載された
「INVECSⅡ(インベックス・ツー)」という
オートマでした。

これが、とっても楽しかったので
わたしはいつも、自分で変速して
運転していたんですが…

ちょっと、わかりにくいですが
シフトノブ、横から握る方が
操作しやすい形状だったんです。

なので自然に、ガングリップに
慣れていたんですね。


そして、2つ目の理由が…

このシート。

肘あたりまで、強力にサポート
されるので、肘を外側に
張り出すような動作をすると
窮屈に感じるんです。


そんなことから、今まで
ガングリップ気味にシフトノブを
持って、操作していました。


でもこれ、しっかり
矯正した方が良さそう。

わたしも、皆さん推奨の
手のひら操作に
慣れようと思います。

確実に、早く操作できた方が
楽しいし、安全ですもんね!


なので、まずはドライビング
ポジションを、見直すことにします。

もう少し、シートを下げて
ゆったりめにしようかと。


わたしは、しばらく前まで…

強化クラッチをつけていました。

これが重い上に、半クラの
感覚が微妙で…!

しっかり左足に力をこめて、
集中して操作できるように、
シートを前気味にしていたんです。

でも、今はクラッチを
ノーマルに戻してあります。

なので、そこまで左足優先の
ドラポジにしなくても、いいんですよね。


今の状態だと、シートが前過ぎるから…

相対的に、シフトノブの位置が
後ろになります。

だから、シフトノブを
下の段に動かしたときに、
必要以上に、肘を外側に
張ってしまうんだと思うんです。

そうなると、サポートのいい
シートでは、窮屈さを感じてしまう。


だから、もしかしたらシートを
後ろに下げるだけで、
いろいろが、万事解決かも?!

考えてみれば、わたしのシートは
スポーツ走行に特化した
形状なんですもん。

シフト操作がやりにくくなるわけ
ないんですよね。

シート自体が悪いんじゃなくて
シートの位置が悪いと
考えたほうが、自然です。


時間が出来たら、早速調整して
試走したいと思います!

●知りたい!シフト操作2017年06月07日 21:45



マニュアル車に乗るのを、
わくわくさせたり
躊躇させたりする…

シフト操作。

オートマの車に乗る場合
ほとんど使わない
左手・左足を使うのって、
楽しかったり、面倒だったり
するものです。

わたしも、もちろん
面倒に感じることは
あるけれど、でもやっぱり
楽しさを感じることの方が
多いかな!


だからきっと、このご時勢に
あえて、マニュアル車に
乗っている方々は、
シフト周りのあれこれに
沢山のこだわりを持ってるんじゃ
ないかと思います。


…そんなことで。

今日は、シフト操作について
記事を書いてみることにしました。

実のところわたしは、皆さんが
どんな操作をしているのかが
知りたかったりします。

特に、1速から2速に上げる操作と、
3速から2速に落とす操作を、
皆さんは、どういう手さばきで
操作してるのかなぁ、と。


わたしは、たぶん一番
スタンダードなやり方です。

まず、1速から2速に
上げるときは…

こう持って…

そのまま、下に下ろすだけ。

FTOの場合は、ちょっと
左下気味に動かした方が
よく入るんです。


でも、車を運転してるシーンの
動画などを見ると…

こんな感じで、逆手気味に持って…

そのまま、左下に押し込む
感じのやり方も、あるみたい。

実際にやってみると、
この方が確かに、素早く
確実に操作できる気がする!

しかも、このやり方は、
3速から2速に落とすときにも
使えそうですね!


でも…

わたし、シートがフルバケットで
ひじ部分の動きが、制限されるんです。

なので、このやり方だとちょっと
ひじに窮屈さを感じたりもします。


ちなみにわたしが、3速から
2速に落とすときは…

こう持って、一度3速から
ニュートラル位置まで下げた後…

親指を使って、シフトレバーを
左にスライドさせて…

残り4本の指を、シフトノブに
添える力を利用して、
2速に押し込む感じです。

このやり方、確実に入るんですが
動作は、ちょっと遅くなるかも。


皆さんは、どんな感じで
シフト操作、してますか?

この方が確実、とか
この方が速い!…などの
テクニックをお持ちでしたら
教えて頂けると、うれしいです!

●3ゃん看板彫刻制作・512017年06月07日 21:15



今日の、3ゃん看板彫刻制作です。

お座りにゃんですが…

ひととおり、毛並みを
彫り終わりました。

でも、全部彫ってみたところで
やっぱり、もうちょっとボリュームが
あってもいいかな、と思っています。

明日、少し粘土を足して
調整しようと思います。


寝っ転にゃんは…

短毛ねこなので、この感じで
大丈夫かな!

彫り始めたばかりなので、
まだ顔周辺のみですが、
この調子で進めていきます。

立ちにゃんの顔も、
ちょっと修正しようと思います。

●雨前に行けた!2017年06月06日 21:45



明日から週明けまで
ずーっと、雨予報。

なので、今日の早朝は
チャンスです!

幸い、のら2ゃんもそれぞれ
ゆっくりくつろいでいたので…

早朝ドライブ、行ってきました!

今朝も、4時半出発です。

ヘッドライトは、自分の視界を
確保する、というよりは、
遠くの相手に気づいてもらうために
念のため、つける感じ。

そのくらい、明るいんです。

日が昇る景色って、
やっぱりすがすがしくて
気持ちいいですね!

今日も、赤城山のふもとを
走って帰ってきました。

やっぱり、わたしなりのホームコース
楽しいし、落ち着けます。


あ、そうだ。

今日の馬力は…

4,114rpmで、167ps!

うーん。

30%くらい、盛られてるんじゃ
ないかなぁ、という感覚ですね。


FTOのエンジンは、4000rpmを超えると
吸気を可変するシステム「MVIC」が、
高回転モードに切り替わります。

音が甲高くなって、気持ちいいんですよ!

こんな感じです。



5,500rpmを超えると、バルブタイミングを
可変するシステム「MIVEC」も作動して
さらにいい感じになるんですが、
公道で作動させるのは、なかなか
難しいですね!

それでも、FTOの運転は
とっても楽しいです!

●明朝、行けるかな?!2017年06月05日 21:45



どうやら、水曜日から
週末にかけて、ずーっと
雨予報なんです。

最近の天気予報、
微妙なところまで、結構
当ててきますからねぇ…。

予報を信じるとすれば、もう
今週は、明日しか
チャンスがないんだ!


なので…

早朝ドライブの準備です!

外装は、軽く水で流して…

内装は、洗車シートで
きれいにして。

おお、見事なトランクスルー!

どうか雨、前倒しになりませんように。

そして、のら2ゃんが
お許しをくださいますように!

●不正改造防止月間!2017年06月02日 21:45



毎年6月の一ヶ月間は、
車の「不正改造防止月間」です。

不正改造車…は、もちろん
いつだって乗っちゃダメ、なんですが
その排除を強化する運動が
実施されるんです。


わたしはもちろん、
このあたりの検査には、
常に合格できるように
気をつけています。

結構、あれこれいじっていますが…

車の状態に合わせて
構造変更を申請しなおして、
改造内容を、公認されています。

なので、いつもご紹介している
状態で、堂々と公道を走っても
大丈夫なんです。


ちなみに、今回の
不正改造防止月間では、
どのようなことが、重点的に
チェックされるかというと…

・フロントガラスの視認性
 フロントガラスには、装飾板などを
 取り付けず、視認性が確保されて
 いること

・運転席&助手席窓の視認性
 濃い色の着色フィルムなどを
 貼り付けていないこと

・灯火類の色
 それぞれの役割に従って
 赤・橙・透明に、分かれていること

・ホイール&タイヤのはみ出し
 フェンダーからはみ出ずに
 内側に収まっていること

・ウィングの形状
 車幅内、全長内に収まっていて
 鋭い突起などがないこと

・マフラーの適切な装着
 マフラーを切断/改造などでせず
 適切な消音性能が保たれていること

 
…このあたりのことを、
主にチェックするんだそうです。

チェック内容については、
とても、理にかなったものだと思います。


楽しく車を運転するためには、
自分の視認性、相手からの視認性を
確保するのって、絶対条件です。

それをわざわざ悪化させるなんて
あってはならないことですね。


タイヤやホイールも、車の
大きさや、エンジンの性能に合わせた
適切なものをつけることが
一番の、性能向上になります。

オーバースペックな大きいのを
つけても、重くて回せないですから。


ウィング類も、サーキットを
走るなら効果絶大だと思いますが、
公道を走るようなスピード域では、
効かないと思いますし。


マフラーも、切断なんかしちゃったら
低速トルク、すっかすかになって
走りにくくなっちゃいます。

熱が、おかしなところから
伝わることで、ボディを傷める
ことにもつながりますし。


なので、やっぱりこのあたりの規則、
車好きだったら、積極的に
守るべきことなのかな、と
思っています。


…とはいえ、こういう強化月間は
なんだかちょっと、どきどきしたり
しますよねぇ…!

やましいことは、何ひとつないんですが、
ビビリなので、警察の方々に呼び止められたら
挙動不審になっちゃうかも。

なので、いつもどおりの平常心で
風景に溶け込んだような運転が
できるように、心がけようと思います!

…あ、そういえば。

ひとつ、気になったんですけど、
国土交通省の啓発ポスターに

 あなたは、まわりから
 どう見られているか
 気付いていますか?

というキャッチフレーズが
書いてあるんですけど、
たぶんこれ、効果無いですよね。

不正改造する人たち、
まわりからどう見られてるか、なんて
そもそも、気にしてないですもん。


どうせだったら、

 好きなんだったら、
 誰にも文句を言わせずに
 やってみろ!

くらいの方が、響くような気がします。

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう