のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●不定期で恒例のびっくり2018年08月14日 22:15



夕方ころ、ふと窓の外を
眺めたら…

おわー?!

駐車場の前に
パトカー、停まってるよー?!

まさかFTO、しょっ引かれるのー?!


…ってことが、年に2~3回
あるんです。

実際のところは、交通違反で
つかまった車が前にいて、
信号のある交差点から
ちょっと離れたうちの前に
停車してる感じなんです。

ちなみに、違反のほとんどが
運転中のスマホ操作、だそうですよ。

車の中のことなんて、外からは
見えないだろう、と思いきや
警察の方々、しっかりチェック
なさってます。

そもそも、車の運転って
とっても、楽しいことですからね!

わずらわしいことのように思わず、
集中して運転を楽しむのが
いいんじゃないかと思います。

…それにしても。

後席と、助手席がない状態で
胸を張って公道を走れるように
構造変更の申請をして
公認車検、取ったんです。

そして以前、 実際に検問に引っかかりつつ
もちろん、無罪放免になった経験も
ある
んです。

それなのに、やっぱりいまだに
パトカーが近くに来ると
ドキドキしますねぇ…!

歳をとっても、ビビりの性格は
直らないみたいです。

●実質、最後のポニー2018年08月13日 22:15



近所の、外車中古車屋さんに
いいの、置いてありました!

フォード・マスタングです。

これは、6代目のモデルですね。

アメリカでは、とってもポピュラーな
2ドアクーペです。

日本でも、ずいぶん昔から輸入されて
外車クーペとしては、異例に
有名だと思います。

スーパーカー、というわけではなく
性能的には、普通乗用車の延長線上に
あるような印象です。

感覚的には、フェアレディZくらいの
位置づけなんだと思います。

そういう、一般の人たちでも
手に入れられる価格帯の車だったから
一時期、デザインがとっても
フツ-な感じになっちゃったりも
したんですよね。

それが、この6代目にして
初代マスタングのクラシカルな意匠を
とりいれたデザインに。

現代的なアレンジを加えつつ
見事な個性が復活しました。

山坂道のコーナーを攻める、というよりは
太くてまっすぐな道を、ズローンと
走るのに向く性能なんだそうですが、
それこそがマスタングらしさなのかな、と
思います。

なんというか、わたしの中での
マスタングのイメージは
初代よりも、この車のほうが強いです。

そんなマスタング、2015年に
フルモデルチェンジして、今は
7代目モデルになっています。

6代目でクラシック方向に転換したデザインを
さらに磨き上げつつ、これからの車らしい
新しさを加えた、とってもすばらしい
デザインになってます。

個人的に、マスタングらしい
マスタングが6代目。

マスタング史上、群を抜いて
かっこよく仕上がっているのが
7代目。

そういう感覚なんですが、残念ながら
7代目マスタング、いまだに実車を
見たことがありません。

実は、マスタングを製造している
フォード、2016年いっぱいで
日本から撤退しちゃったんですよね。

7代目マスタングは、2015年発売だから
日本でも売られてはいるんですが
ほんの1年ほどの、短い期間です。

どのくらい、日本にあるのかなぁ。

おそらく、500台にも届いていないと
思うんです。

フォードが撤退しなければ、
今頃、たまに見かけられる車に
なってたんじゃないかと思うと
残念ですねぇ…。

●お楽しみ、シフトノブ!2018年08月12日 22:15



今年最大の、どきどきイベントだったと
言っても過言ではない、車検をクリアして
FTO、絶好調です!

やっぱり、プロの整備士さんに
見て頂くと、違いますねぇ…!

運転が楽しくて、ここ最近は
週に2回ほど、早朝ドライブに
出かけることも多くなってます。


だけどこの先、考えてみると

 早朝ドライブに出かけてきました。
 楽しかったー!

という感想しか、書けなくなりそう。

たぶん、素直な気持ちで
そうなると思うんですが、
話題としたら、あんまりにも
アレですよねぇ…。


どこか、目的地を定めて
ドライブするのであれば、
行った先の景色や、食べ物の
話題は、間違いなく魅力的!

だけど、わたしの場合
走ることが主だから、撮れる写真は
信号待ちしてるときの風景ばかり。

信号待ちしてるときに、ものすごい
ことに出会う可能性は低いですし。

…というか、あまり出会いたく
ないような気もします。

ここ最近は、ありがたいことに
ホイールなどの、新しいパーツを
試す機会に恵まれました。

そういうのって、やっぱり
楽しいですよね!

でも、自分で定期的に続けるには
出費がかさんで、大変…!

そう、頻繁にできることでも
ないような気がします。


なんてことを考えながら
部屋を見回していたら…

ああ、そうだった。

しばらく前から、ずーっと
使っていない、シフトノブが
こんなにあったんだ…!


今は…

この、トミーカイラ製の
ヘビーベイビー、というのが
お気に入りで、もう7~8年
使い続けています。

さわり心地、重みともに
とってもしっくりきて
お気に入りなんです。


でも、せっかくほかにもあるのなら
たまには別の、試してみるのも
いいですよねぇ…!

MOMO製の、このシフトノブは
正統派の形状に、穴の開いたアルミと
革のコンビネーションがお洒落ですし…

この、黒光りして
ずんぐりした、怪しいシフトノブは…

実はシャフトを、中央ではなく
偏芯した位置で留めるんです。

なので、シフトノブの持ち位置を
自分に近づけたり、遠ざけたり
することができたりします。


わたしのFTOは、オートマから
マニュアルに載せ換えをしました。

そのとき、強化メタルクラッチを
同時に入れちゃったもんだから、
発進するのも、シフトチェンジするのも
ひと苦労で…。

少しでも、操作を確実にしたい!
…と、あれこれのシフトノブを試したんです。

そのとき、最終的に行き着いたのが
今使っている、ヘビーベイビー。


今は、クラッチが純正同等に戻って
発進もシフト操作も、気負うことなく
スムーズにできるようになってます。

そうなったらまた、しっくりくる
シフトノブ、変わってくるかも
知れないですよね。

単純に、わたしの好みにも
変化があるかもしれないですし。


そんなわけで、次回の早朝ドライブから
毎回シフトノブを換えて、出かけようと
思います。

お盆休み中は、大人しくしてる
予定なので、お休みが明けたら!

●今までの方法だと…?2018年08月11日 22:15



FTOの、酷暑対策。

今夏は、ボディカバーを導入して
あれこれ、試しています。

昨日は、ボディカバーを
かぶせた状態だと、
外気温、37℃の状態で、
車内の温度、43℃になることが
わかりました。


以前の状態とは、だいぶ違うな!

…という体感はあったんですが、
せっかく数値が出てきてるんだから
前の状態の数値も測って
しっかり比べてみないと、ですよね!


そんなわけで、今日は…

今までの方法に、チェンジ!

ボディカバーをはずして
この間まで使っていた
サンシェードをつけてみます。

ボディはむき出しで、運転席以外の
窓がふさがれている状態です。


室内から見ると…

こーんな感じで、
つぎはぎだらけなんですが…

それでも、陽射しの侵入は
大雑把に防げています。


この状態で、温度を測ってみたところ。

わかりやすいことに、今日も…

外気温、37℃でした。

そして車内は、というと…

45℃、ですね。

ボディカバーをかぶせた状態より
2℃、高くなってました。

それと、やっぱり陽射しが
入ってきちゃう部分もあって、
そういうところの鉄板は、
熱くなってました。

また、シフトノブがほんのりと
温かくなっていました。

やっぱり、遮熱効果が高いの
体感だけでなく、数値的にも
ボディカバーのほうのようです。

それほど、大きく変わっては
いないんですが、これでさらに
雨風・ほこりが防げるのはありがたい!

冬の群馬は、空っ風で運ばれてくる
砂埃が、すごいですから。

そういうことにも、同時に
対策できるので、なかなかに
有用なんじゃないかと思います!

●肌寒さ、一転!2018年08月10日 22:15



いつの間にかもう、金曜日…?!
時間が経つの、早いなぁ…!

今日は、 変な夢を見て
3時頃、目が覚めました。

なので、少し明るくなるのを
待ってから、毎週恒例の
早朝ドライブへ。

出発したころは、本当に
寒かったんですよねぇ。

半袖だとまずい、と思って
薄手の長袖を着たんですから。

でも、朝5時を過ぎて…

日が昇ってきたら、暑い暑い!

たった一時間でこの変化、
びっくりしますねぇ…!


そんなわけで、今日も昼間は
しっかり暑くなりました。

なので…

ボディカバーをかぶせた状態での
車内温度チェック、引き続き
やってみましたよー!

外気温は、というと…

おおお、37℃…!


で、車内に仕掛けた温度計は…

43℃…!

今日は、プラス6℃です。

でも、ボディカバーをかけていない
状態よりは、間違いなく温度
低いですね。

鉄板むき出し部分を触っても
温まっていません。

手で触れて、あちっ!…ってなる
箇所が、どこにもないんです。


あ、それと。

ボディカバーは、問題なく
触り続けていられる温度でしたが、
ボディカバーの下のボディは、
温まってました。

カバーをしていない状態とほぼ同じ、
数秒触ると、やけどしそうな熱さです。

直接、日が当たっていないように見えて
熱は、貫通していました。


ただ間違いなく、車内の温度上昇を
防ぐ効果、ありますね!

わたしは、ガソリンタンクが
鉄板むき出しの車内からで熱されることで、
ガソリンが劣化、タンク内にサビが
発生することを防ぎたいんですが、
その目的は、しっかり果たしてくれそうです。


あとは、このままカバーしておいて
ボディにダメージがないか、ですね。

表面、細かい穴が開いているので
通気性は良さそうですが、
熱がこもって、ボディの塗装にダメージを
与えたりしないか、ちょっと心配。

もう少し、経過を見てみます。

●車内温度、どんな感じ?2018年08月09日 22:15



昨日、FTOにボディカバーを
かけてみました。

台風の風雨、しっかり防いでくれて
大満足!

なので、大満足のついでに
車内の温度を上がらないようにする
機能があるのかどうなのかを
検証してみますよー!

群馬は、午後から…

この、晴れっぷり!

外気温は、というと…

36℃…を指してるように見えるんですが、
写真を撮るとき、斜め上から
見下ろす感じになっちゃってましたね。

なので、35℃くらいだと思われます。


そして、同じ時間のFTO車内の
温度が、どうなってるかというと…

38℃。

もちろん、外気温よりは高いですが
それでも、+3℃で収まってる。

温度を測ったのは、午後15時半。

暑さのピーク時間です。

正直わたし、50℃近くまで
いってるんじゃないかと
思ったんですよね。

だから車内用には、54℃まで測れる
測れる温度計を、100円ショップで
買ってきたんです。

35℃超えの日に、この温度で
収まってるなら、ありがたいなぁ…!

それと、車内の鉄板むき出し部分
触っても、まったく温まって
いませんでした。

だから…

 窓から入った陽射しが
 車内の鉄板を強烈に熱して、
 その熱がガソリンタンクに
 伝わることで、ガソリンの劣化が
 早まって、燃料タンク内がサビる

という、最悪の事態が
初手の段階で回避できてそう。


またしばらく、35℃前後の日が
続くそうなので、このまま
ボディカバーをかけたときの
車内の温度変化、しばらくの間
経過観察してみようと思います!


●ハブリング装着・まとめ2018年08月08日 22:15



先日、FTOに
ハブリングを装着しました。

ハブリングは、車体側のハブと
ホイールの穴の隙間を埋めて
ぴったりとはまるようにする
輪っかのことです。


今まで10年以上、つけずに走行していて
特に、問題はなかったんですが、
車検前にタイヤを履きかえるときに
ふと気になったので、お世話になっている
工場の親方に、お伺いしたんです。

そしたら

 付けなくても大丈夫だし、
 付けても、劇的な変化はないけど
 付けておいた方が、ベター

というアドバイスを頂いたんです。

それで、車検をクリアして
落ち着いた今、試してみようかと
思った次第です。


実際に装着して、走行してみたところ
親方のおっしゃったとおりでした。

 こりゃあすごい!

…と、声が出てしまうような
変化は感じられなかったけど、
あ、もしかしたらちょっとだけ
良くなったかも?!…と思える
瞬間はあったりして。


装着には、思ったより
手間取っちゃったけど、
それもまた、楽しかったので
そんな過程も含めて、まとめてみました。

ハブリングが装着するための
隙間がある、社外ホイールを
履いているかたは、もしかしたら
DIYを楽しむ目的で、装着してみるのも
いいかもしれません。

良かったら、ご覧くださいませ!


●郵便、届いた! へ


●一本で、精一杯! へ


●運転席側も、完了! へ


●お誕生日リング! へ


●ボディカバー、装着!2018年08月08日 21:45



関東地方は、今晩あたりから
台風の雨風が、本格化してくるそう。

だとしたら、今がチャンス!

雨がやんでいる隙を狙って…

昨日購入したボディカバー、
装着してみますよー!

雨の汚れを防ぐのが
メインの機能なんですから、
今日試すのが、一番!


早速、取り付けてみます。

実のところ、ボディカバーを
使うの、今回が初めてなので
結構、あれこれ大変なんじゃ
ないかと、思ったんです。

…が!

簡単に言うと、ヘアカラーを
した後に、色が定着しやすく
なるようにかぶせておく、
ビニールの帽子みたいなの、
ありますよね。

アレの要領なんです。

ボディーカバーの外周に
ゴムが入ってて、かぶせると
程よく縮むんですね。

フロントの中央に
「rainX」の文字がくるようにあわせて
バンパーの下に、ゴム部分を
引っ掛けます。

そしたら、ゆっくりとリアまで
伸ばして、かぶせていくだけ。


かぶせきる前に…

こんな感じの、輪っかが
ついているので、これをトランクを
あけたところの金具に引っ掛けて
トランクを閉めます。

こうすれば、強風が吹いても
飛ばされにくくなるんですね。

あとは…

ゴム部分を、リアバンパー下に
引っ掛ければ、完成!

おお、いいじゃないですか!

説明書を読みながら、でも
3分でできちゃいました。

とっても簡単です!


このボディカバーについて
教えてくださったかたの
アドバイスどおり、Lサイズを
購入したんですが、ぴったりですね!

フロントとリアエンドに
張りがありますし、
すっぽり、全身が隠れてます。

わたしのFTOは、リアスポイラーが無くて
Lサイズで、ぴったりでした。

おそらくは、前期型FTOの
低いリアスポイラーであれば、
Lサイズで入ると思います。

でも、もしかしたら
後期型の大型リアスポイラーや
社外品のリアスポイラー、
GTウィングなどを装着している
FTOの場合は、Lサイズだと
入りきらないかも知れないですね。


ちなみに、ボディカバーの表面は…

一見すると、不織布のような
雰囲気なんです。

ただ、簡単に破けそうでも無いですし、
やわらかいので、ボディを傷付け
にくそうなのは、安心できます。


それと、断熱効果!

今日は、日が出ていなかったので
とりあえず計ってみただけ、ですが…

午後15時時点での、車内の温度
30℃でした。

外気温は、28℃だったようなので
それほど、大きな差は出てません。

室内から外を見ると…

こんな感じで、程よく薄暗いです。


断熱効果については、
35℃以上ある日に、温度計を
持ち込んで計ってみないと
なんともいえないですね。

台風が過ぎたら、計ってみます!

●車の二次的な楽しみ2018年08月07日 22:15



近所のホンダディーラーの
前を通ったら…

あ、実車見たの初めて!

N-VANです。

この車、基本的には商用の軽バンです。

今までだと、バモスという軽バンが
ありました。

エンジンを床下ミッドシップした
後輪駆動の車で、物がたくさん
積めるように、仕立てられていました。

先代までは、軽トラベースの
バンだったんです。

でも、今回のN-VANは違います。

名前の由来のとおり、
人気の軽自動車、N-BOXが
ベースになっています。

N-BOXは、前にエンジンを積んで
前輪を駆動する、乗用軽自動車。

軽トラベースではなくなったんです。


だからといって、積載量が
減ってはいないみたい。

むしろ、増えてるそうですし…

サイドのドア、開き方がすごい!

助手席が普通に開いて、
その直後のピラーは無し。

後席スライドドアを全開にすれば、
リアハッチよりも広い、大開口!


その上室内が、運転席以外
フルフラットになるんです。

フルフラットを謳う車、過去にも
いくつかありましたが、実のところ
確かにいすを畳めて、平らにはできるけど、
いすといすの継ぎ目に段差があったりして
凸凹してるのは当たり前、でした。

それが、N-VANの場合は
本当に、フラット。

パネルでも貼り合わせたかのように
まっ平らなんです。

たくさんの荷物が積めちゃうだけでなく、
布団を敷いたら、そのまま快適に
眠れちゃいそう。

車中泊、かなり快適に楽しめるんじゃ
ないかなぁ…!

車の楽しみ方って、
一次的なものと、二次的なものが
あると思うんです。

一次的な…というのは、
車そのものを楽しむ、ということ。

 ・運転をする楽しみ
 ・所有する楽しみ
 ・眺める楽しみ
 ・洗車する楽しみ
 ・自分好みに仕上げる楽しみ

そんな、車自体を楽しむことが
一次的な楽しみ、なんだと思います。

では、二次的な楽しみは、というと。

車で出かけて…

 仲間や、大切な人との会話を楽しんだり。

 たくさんの買い物を楽しんだり。

 長距離の旅行を快適に楽しんだり。

 公共交通機関ではたどり着けない場所の
 景色を楽しんだり。

そういう、車自体を楽しむのではなく
車を利用することで得られる経験を
楽しむのが、二次的な楽しみなんだと思います。


で、このN-VANは、
その、二次的な楽しみを満喫するのに
最適な車だと思うんです。

コンパクトだから、細い路地でも
入っていきやすいですし、
燃費だって、いいはず。

見栄を張らず、肩肘を張らず
お出かけを、心の底から楽しめちゃう。

軽自動車だから、あんまり長距離
乗り続けたら、疲れちゃうかも
知れないけど、その疲れだって
楽しみのひとつだと思うんです。

わたしは、車に対して
一次的な楽しみのみを
追求しているようなところがあります。

だけど、あるとき心変わりして
二次的な楽しみも味わってみたいな、と
思ったら。

N-VANと、 ジムニー の2台は
特に、魅力満載ですね…!

●21歳記念、ということで!2018年08月07日 21:45



昨日、21歳の誕生日を迎えた
FTO。

今年は、タイヤとホイールが
変わって…あ、そういえば
ワイパーがエアロワイパーに
なったりして、外観の仕様変更が
ありました。

なので、ネットなどで
ご紹介するとき用の写真を
まとめて撮りなおしておこうかと!

ちょうど、駐車場の草刈りも
済んでいたところなので…

なかなか、いい雰囲気かも。

せっかくですから、今回は
タイヤのトレッドパターンを
アピールしておきます。

リアホイールが変わったので
そのあたりも、ポイントですね!

あと、運転席以外の内装が無いことも
わかるようにしたほうが、いいかな。

まとめてみたら、思ったほど
変わり映えしなかったんですけど、
引き続き、FTOをよろしくお願いします!

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう