のらにゃんとひろのそうさくこうぼう

●トヨタの最新作!2021年03月07日 21:30


今日は、自転車に乗って
ゆっくりと、神社のお参りに
出かけたら、帰りの道で…

あ、ついに撮影できた
GRヤリスの、フロント!

カッコいいですよねぇ…!

全幅、1805mmもあります。

ちなみに
FTOの全幅が、1735mm。
クラウンの全幅が、1800mm。

こんなにコンパクトなのに
クラウンより幅広なんですねぇ!

ターボ加給した空気を冷やす
インタークーラーに
しっかり走行風が当たるよう
ガバッと大きな口、迫力ですが
デザイン自体はすっきりと
まとまっていて、好印象です。

実のところ…

ノーマルの、お買物仕様ヤリスの方が
フロントの造形、迫力がある…というか
ちょっと恐めのような気がしたりして。


トヨタディーラー前をあとにして
レクサスディーラーの前も
通ってみたら…

あ、新しいISですね!

多分、メカニズムやシャシーなどは
大きく変わらないので、マイナーチェンジ
扱いだと思うんですが、だいぶ大きく
印象が変わりました。

外板のパネル、金属部分も含めて
ほとんど作り替えられてるんじゃ
ないかなぁ…?


正直なところ、前期型のISは
複雑怪奇で理解しがたいデザイン
という印象でした。

あまりにピンと来なかったので
写真も、一枚も撮影しなかったみたいで
残っていません。

でも、この後期型はいいと思います!

わたし、2ドアクーペ好きなので
4ドアセダンに、強烈に心惹かれるような
ことはないんですが…

サイドのラインが、前席ドア後端を目指して
弓なりに盛り上がってから、リアに向かって
下がっていくフォルムに、張りや躍動感を
感じます。

ライトやグリル周りのデザインは
レクサスらしく個性的ですが、
全体の塊感がより強くなって
破綻がないように思います。


ただ、これは完全に
わたしの個人的な好みですけど、
グリルやヘッドライトが、強烈に
ブラックアウトされているので
ボディカラーが白だと、ちょっと
コントラストが強すぎかも。

ブロンズ系や、赤系の色だと
もっとデザインが生きるんじゃないかと
思いました。


とはいえ、このISだったら
メルセデスのCや、BMWの3に
対抗できるんじゃないかなぁ…?

実のところ、すでに公道で
走っている姿を、見かけたりもします。

これからさらに、見かける機会が
増えそうですね!

●まずは、みかん救出!2021年03月06日 22:15


「とひろ展」が終わって、ひと息ついたら
いつの間にか、だいぶ日の出が
早くなってることに気づきました。

朝6時には、すでに
明るくなってきてます。

もう、朝5時出発で
早朝ドライブに出かけても
大丈夫そうですね!


なので、そろそろ…

FTO、始動させないと!

今日は、出かける予定があるので
明日あたり、バッテリーを充電して
エンジン、動かしておこうかと。

ん?

その前に…

まずは、下に潜り込んでいる…

結構な数の、おみかんを
救出しないと、ですね!

●雨とみかんとFTO2021年01月24日 21:15


昨日から、冷たい雨が降っている
群馬ですが…

わたしの住む地域は
雪は免れたようです。

寒くなってきたら…

一気に、みかんが色づきました。

この、ぶどうっぽい形に
実が付いた部分も、脱落者なく
良い色になりました。

もう、食べられそうですね。

そろそろ、みかん蜜を
作ろうかなぁ…!


この間、ガラコートを施工した
FTOは…

当然、ビッショビショですけど…

その割に、色が綺麗に見えます。

ガラコート、しっかりと
雨粒をはじいてくれてますよ!

そして、やっぱり
上半分塗装をして、よかった!

クリア層が剥げていない
FTOを眺めるのは、たとえ雨でも
楽しいです。

●初!樹脂シフトノブ2021年01月15日 22:30


Amazonの初売りで、実は
こんなものも買ってました。

レッドカーボンの球形シフトノブ!

Amazonの初売りでは
10,000円買うと、500円分のポイントが
キャッシュバックされる
キャンペーンをやってたんです。

で、必要な物を買いそろえたら
7,800円くらいになったんですよね。

あ、あと2,200円買ったら
500ポイント頂けるんだなぁ
…なんて思ったら、このシフトノブが
目につきました。

もう、シフトノブは
20も30も持ってるんですけど
手持ちを確認したら、ひとつも
樹脂製のがありませんでした。

全部、金属か本革です。

なので、樹脂製も試してみようかと
思いまして!

もしかしたら、カーボン製…
なのかもしれないですけど
手に触れる部分は樹脂で
覆われているので
樹脂製、ということで
良いんじゃないかと。


このシフトノブが、1,720円で…

さらにこの、5MT用の
シフトパターン、780円を
購入したら、ちょうど2.500円。

このシフトパターン、金属の
削りだしで、とても質感が高いです!


ちなみに、シフトノブの重さは…

取付用アダプタも含めて、162g。

MT用シフトノブとしては
平均的な重さだと思います。


早速、取り付けてみましたよ!

まずは、今ついている
シフトノブを外して…

自分の車に合うアダプタを
指で回してねじ込みます。

3種類同梱されているので
恐らくは、国産メーカーであれば
どのメーカーでも対応できるのでは
ないかと思います。

こんな感じでねじ込んだら、
さらに上から、シフトノブを
かぶせて、ねじ込んでいくだけ。

完成!

おお、良いじゃないですか!

こうやって眺めても
レッドカーボンの編み目は
とても綺麗ですし、
奇をてらうことのない
球形の握り心地、良いですね!

もちろん、表面が樹脂なので
持てなくなるほど冷えたり
熱くなったりもしないと思います。


そして、シフトパターンですが…

今までは、こんな感じのを
貼り付けていました。

これ、MOMOの製品ですし
一見かっこよく見えるんですが
絵なんですよね。

シフトパターンも、左右の
ボルトっぽい模様も
絵なんです。

なので、じっくり見ると
あんまり質感が高くないです。


でも、今回のは…

アルミ削り出し!

数字の部分が立体的に
盛り上がっていて
R部は、数字部とは異なる
一目でわかるデザインに
なっています。

さらに、アルミ地が出ている部分には
細かい斜めの彫りが施されています。

とても凝った作りですよ!

わたしはやっぱり
質の低いブランド品より
質の高いノーブランド品を
選びたいかなぁ。


そんなわけで。

外装も内装もリフレッシュしたので
来週のドライブ、楽しみです!

●ガラコート効果!2021年01月15日 22:15


昨日、洗車した後に施工した…

ガラコート。

Amazonの初売りセールで
2,000円で売ってたので
買ってみました。

昨日は、施工したら
薄暗くなってきてしまったので
写真写りが、あまりよくなかったんです。

なので今日、15時過ぎに
撮影しなおしてみたところ…

おおお、これはいいんじゃないですか?!

なんだか、全体が光ってる!

西日が当たる時間帯なので
東を向いているフロント部分は
ちょっと暗めですけど…

しっかり陽が当たっている
リアの輝きが、素晴らしい!

特に、リアフェンダーがいいですね!

ギラつくのではなく
丸みを帯びたボディラインが
滑らかに艶めいたような印象です。


これは確かに、評判通り
良いものかも…!

重ね塗りすると、さらに
輝くようになるそうなので、
写真撮影ドライブに向かう前に
もう一度、塗ってみようと思います。

来週あたり、昼間出かけたいなぁ…!

●洗車と、ガラコート!2021年01月14日 22:30


今日は予報通り、16℃になりました!

なので…

FTO、洗車です!

だんだん使いこなせるように
なってきた、頂き物の本格デジカメ
「G1X」で写真を撮影するときのために
しっかり綺麗にしておこうかと。

もちろん、シャンプー洗車ですよ!

暖かい日じゃないと
出来ないことですね。


で、今日はもうひとつ
秘密兵器を使ってみようかと。

こちら。

Amazonの初売りセールで
2,000円になってた、ガラコート!

とても評判が良くて使いやすい
塗装面に、ガラスの被膜を作る
コーティング剤だそうです。

こんな感じで、スプレーに入った液と
専用のタオルがセットになってます。

使い方は、前評判通りかんたん。

スプレーの液を、タオルに吹き付けながら
ボディを拭いていくだけで良いんだそう。

30分くらいすると、ガラス被膜が
出来るんですって。


施工して、30分経った状態が…

こちら。

おお、とってもいい感じ!

ツルっとピカッとしてますよ!

実は、15時から洗車を始めて
ガラコートが終わったのが、16時過ぎ。

それから30分後の、16時半に
写真撮影したので、外が
暗くなり始めてしまったんです。

それでも、色が二段階くらい
明るくなったような印象になりましたし…

触り心地が、ツルンとしてるのも
良い感じです!

明日、明るい昼間に
もう一度、撮影してみますよ!

●マニュアル撮影練習!2021年01月11日 22:15


実は、しばらく前からほぼ毎日
頂き物の本格デジカメ「G1X」で
FTOを撮影しています。

オートではなく、マニュアル撮影で
あちこちをいじりながら
見よう見まねで撮影しているんですが…

だんだん、思うような写真が
撮影できるようになって
きましたよ!

ほぼ、実物見た目通りの
色合いです。


同じ日に、わたしが昔
個人的に購入したデジカメでも
撮影してるんですが…

こんな感じです。

一見、色鮮やかで綺麗に
見えるんですけど、実物は
こんなに、コントラストが
はっきりしてないです。

やっぱり、G1Xの方が
自然な気がします。


もう少し腕を磨いて、
そして、天気がいい日に洗車をしたら
昼間、撮影ドライブに出かけようと
思っておりますよ!


あ、ところで。

神社のお参りの帰りに…

実車、初めて見ました
GRヤリス!

1,600ccの3気筒ターボエンジンで
在りし日の、ランエボ・インプレッサよりも
速く走る、ラリーベース車です。

こういう車が、トヨタから
出てくるなんて意外でしたし
実車の迫力、素晴らしかったです。

残念ながら、フロントはお店の中を
向いていたので、外から見える
リアしか撮影できなかったんですが、
GRヤリスの、スタイルの真骨頂は
リアにあると思います。

まず、普通のヤリスは4ドアなのに
GRヤリスは、より軽量高剛性な
専用の、2ドアボディ採用。

コストを考えたら、なかなか
実現できない、英断だと思います。

で、この角度から見ると
よくわかりますが、フロントと
リアのフェンダーの張り出しが
これ見よがしで、素晴らしい!

ベースがヤリスで、1600ccなのに
ボディは3ナンバー。

全幅1,805mmもあるんです。

FTOの全幅は、1,735mmなので
だいぶ幅広ですね…!

今度は、フロントとサイドからの
写真を撮影したいなぁ…!


さらに、今日はお休みだったからか
同じラリー車つながりで
驚きの車をとらえましたよ!

作業部屋で彫刻を彫っていたら
わたし好みの、ほどほどに
勇ましい音が聞こえてきたので
窓の外を見たら…

ランチア・デルタHFインテグラーレ!

グループA時代のラリーで
大活躍した車です。

恐らくは、実際にラリーに参加していた
車ではなくて、カラーリングや
ステッカー類は、あとから施工したんだと
思われます。

すんごい綺麗でしたから。

いわゆる、ラリーレプリカなんだと
思いますが、わたしラリーレプリカ
大好きです!

かっこいい…!

●こんなときこそ、G1X!2021年01月02日 22:30


昨年末に、FTOの半塗装が
完了しました。

初めての、広い面積の塗装なので
プロの仕事とは程遠い仕上がりだとは
思いつつも、個人的にはとても
気に入っています。

自分で施工した分、愛着がありますし
ツートンの色合いに、ほかでは
見たことのない、何とも不思議な
魅力があると思うんです。

でも、写真撮影すると
どうやっても、見た目通りの色に
映らないんですよねぇ。

天気のいい日に、広い場所で
撮影した写真は、全体的に
白飛びしたような雰囲気に
なってしまったし。

見た目通りに撮影する方法
ないものだろうか、と思案してて…

あ、こんな時こそ頂き物の
Canon PowerShot G1X!

こちらのデジカメは、一応
コンデジの部類に入るそうなんですが、
一体型とはいえ、かなり本格的な
レンズが付いていて、なんというか
一眼レフに近いような高性能です。

でも、あまりに本格的過ぎて
わたしの撮影スキルが
まったく追いつかなくて…。

ねこさんを撮影しようとすると
もたもたしているうちに
シャッターチャンスを逃すことも
しばしばです。


でも!

わたしが動かさなければ
FTOは動かないので…

じっくり撮影できます。

おお!

やっぱり、G1Xで撮影すると
ほぼ、実物を見ているのと
同じ鮮明さと、色合いで
撮影できますね!

塗装の質感の違いも
そのまま写真に反映されてます。

この間、雨が降っちゃって
表面に埃が付いてるんですが
それでも、以前撮影会をした時より
良い写りです。


…なるほど。

お正月休みが明けて落ち着いたら
もう一度、大胡総合運動公園へ行って
G1Xで撮影会をしてこようと思いますよ!

●FTO半塗装・まとめ2020年12月28日 22:15


ここ数年の、強烈な夏の陽射しで
FTOの塗装の劣化が、著しく
進行してしまいました。

出来ればもう一度、全塗装したい!

もしくは、傷んでいるところだけでも
塗ってもらいたい!

でも、プロにお願いすると
30万前後の金額がかかってしまう。

そんなお金は出せないです。


…だったら。

自分でやってしまおう!

というのが、今回の
半塗装のきっかけです。


半塗装するにあたっては
無理なく、最後まで自分でできるよう
以下、3つのルールを
設けることにしました。

 1.陽射しで傷んだ部分だけを塗る
   大丈夫な部分は、そのまま残す

 2.できる限り安く仕上げる

 3.せっかくだから、ツートンカラーにしちゃう

陽射しを浴びて、顕著に傷んだのは
真上から見える部分だけ、でした。

具体的には、ボンネット・屋根・トランク
腰上のベルトラインまで。

ここは、クリア層が剥げれてたりして
ボロボロ状態なので、塗装対象。

でも、真正面やボディサイド、リアは
それほどの劣化がありません。

なので、そのまま残すことにしました。

また、素人が屋外で塗装するのに
良い道具や良い材料をそろえるのは
いかがなものか、と思ったんです。

 技術と経験がない分は
 良い道具と、良い材料で補ってこそ!

…というご意見もあるそうですが
わたしの経験では、それはちょっと
違うかな、と。

良い道具や良い材料は
確かな技術と豊富な経験がなければ
せっかくの良さを引き出せないです。

素人は、素人用に作られた
道具と材料を使うのが、一番!

少しずつ経験を積みながら
自分の身の丈に合わせて
道具や材料を買い替えていくのが、
結局のところ、上達するための
一番の近道なんだと思うんです。

なので今回は、屋外かつ缶スプレーで
塗装することに決めました。

そして。

たぶん、生きている塗装と
同色に塗って、継ぎ目が
目立たないように仕上げることは
不可能です。

プロでも、熟練の技がなければ
難しいのに、素人屋外缶スプレー塗装で
実現できるはずがありません。

必ず、目に見える継ぎ目が
出来ちゃうでしょう。

であれば、継ぎ目が出来る前提で
今までの色とは別色で塗って
ツートンカラーにしちゃおう!

24年目を迎えたFTOの
お色直し、ということで
面白いんじゃないだろうか!

そんなノリで、どんな色がいいか
パソコン上でシミュレートしながら
塗料を探したところ。

ホルツの缶スプレー塗料の
トヨタ純正色

 ダークブルーイッシュグレーメタリック

が、好みの色合いである上に
安く、安定して手に入ることが
わかったので、さっそく調達しました。


…そんなこんなで、今回の
半塗装に挑んだわけなんです。

2020年10月8日に作業を開始して
2020年12月24日に完成。

よく見ると、いたるところの
クリア層が剥げている
こんな外観が…

すっかり、生まれ変わりましたよ!

リアビューには、特に…

アグレッシブな塗り分けで
今まで以上に、個性的な存在感が
宿ったのではないかと
自画自賛しております!

だいぶ、思い切った面積に
思い切った塗装を施しましたが、
やってよかった!…と思える
仕上がりになりました。

ドライブするのが、また
楽しくなっちゃいそうですよ!


今回の半塗装では、沢山の方々から
アドバイスを頂くことができました。

そのおかげで、納得できる
完成を迎えたんじゃないかと思います。

皆様、どうもありがとうございます!


65日に渡る作業記録
もしよかったら、ご覧下さいませ!



1.色や材料を検討しよう!

●半塗装なら、アリかも?! へ

●FTO、色検討! へ

●色味のあるシルバーで へ

●色の再検討、必須か…! へ

●いい色、見つけた! へ

●こんな雰囲気になりそう? へ



2.材料の準備と、地ならしをしよう!

●地ならし、どうしよう? へ

●材料、届き始めた! へ

●塗装の材料、揃った! へ

●2色、重ねちゃおうか! へ

●電動でも重労働! へ

●足付け、完了! へ

●雨なので中断です へ

●材料、全部揃った! へ



3.屋根からリアフェンダーの塗装

●数学王に俺はなる? へ

●下地を整えて、色付け! へ

●塗装、終了! へ

●足掻いた甲斐、あった! へ

●ようやく、艶が出てきた! へ

●屋根周り、完成! へ

●屋根塗装後、初走行! へ



4.ベルトラインの塗装

●リアの塗装前準備! へ

●塗装道具、調達! へ

●パテ埋め、空振り へ

●再マスキング準備! へ

●マスキング、途中! へ

●マスキング、あと一歩! へ

●マスキング、やっと完了! へ

●プラサフ、完了! へ

●色塗り、開始! へ

●クリア、吹きますよー! へ

●ベルトライン塗装、完了! へ



5.ボンネット&トランクの塗装

●残すは、前後フード! へ

●トランクの下地磨き! へ

●ボンネットの下地磨き! へ

●縁まで丁寧に へ

●最後のマスキング、開始! へ

●色塗りまで入れた! へ

●表面、もう少し整えよう へ

●色塗り、あと少し! へ

●初!作業中に雨 へ

●雨と強風の余波 へ

●このクリア、すごい! へ

●風強いので、小修整! へ

●もうちょっとで完成?! へ

●やっと、全体像完成! へ



6.3か所、修正塗装

●3か所、修正! へ

●修正前の下地処理! へ

●リアの下地処理! へ

●マスキング範囲どうしよう? へ

●修復前マスキング! へ

●新聞、貼れた! へ

●やっと、塗装作業完了! へ



8.クリア層を磨こう!

●人力だと厳しい…! へ

●ポリッシャーすごい! へ

●今日は、助手席側を へ

●今日は、運転席側! へ

●今日は、トランクを! へ

●コンパウンド、粗目! へ

●極細が最適だ! へ

●屋根、磨けた! へ

●これで、磨きを仕上げよう! へ

●真ん中は、磨けた! へ



8.最後の仕上げ!

●磨いて洗った! へ

●琴線に触れる金線 へ

●ワックスかけて、仕上げ! へ



9.完成後の撮影会!

●広い場所を探して へ

●ツートンFTO、記念撮影! へ



…ちなみに。

今回の素人塗装が、どのくらいの
耐久性を持つのかは、未知数です。

これからは、ワックス洗車などを
定期的に行いつつも、経過観察
していく必要があります。

とはいえ。

もしまた、塗装が傷んでしまったら
今度は違った色の組み合わせで
同じ範囲を塗装しなおしてもいいかな!

…なんて思っています。

時間はかかっちゃいましたが
満足できる出来になりましたし
割と作業、楽しかったんですよね!


もし、また半塗装をすることになったら
その時はひとつ、工程を改善しようと
思っています。

今回は、塗装するときに

 1.屋根からリアフェンダー
 2.ベルトライン
 3.ボンネット&トランクフード

の3回に分けて塗装しました。

初めてだから、少しずつ
進めた方がいいかな?…なんて思って
そうしたんですが、3回に分ける必要
なかったですね。

3回に分けたら、3回
マスキングをし直さなければ
ならないです。

しかも今回は、マスキングの
し直しの時に、塗ったばかりの色を
剥がしてしまったり、リアフェンダーと
リアバンパーの境目の塗装に
ヒビが入ったりして、修正をしました。

ですので、色を塗りたい箇所は
一気に全部塗っちゃうのが
正しいと思います。

その方が楽だし、出費も少ないし
そして、きれいに仕上がります。

次回は、一気塗装に
チャレンジしようと思いますよ!

●ツートンFTO、記念撮影!2020年12月25日 22:15


…そんなわけ で!

わたし以外、誰もいない
大胡総合運動公園の駐車場で
ツートンFTOを写真撮影です。

とても天気が良かったので
明るすぎて、色が飛んじゃってる
ように見えるものもありますが、
屋外撮影ですから、仕方ないのかも。


ちなみに色は…

 〇上半分
   トヨタ純正色
   ダークブルーイッシュグレーメタリック

 〇下半分
   日産純正色
   ビンテージブロンズメタリック

 〇境界のゴールドライン
   向島自動車用品製作所
   M"SPORT M'LINES
   幅3mm × 10m(巻)
   カジュアルテープ ゴールド

です。

よかったら、ご覧下さいませ!

フロント・1

フロント・2

フロント助手席側・1

フロント助手席側・2

助手席側・サイド

助手席側・リア

リア・1

リア・2

運転席側・リア

運転席側・サイド

運転席側フロント・1

運転席側フロント・2


いろんな角度から、距離から
じっくり眺めながら
思う存分、写真撮影しました。

そして、心から

 半塗装、やってよかった…!

と思えましたよ!


もちろん、鑑定でもするかのように
じっくり探せば、粗なんて
沢山あるんです。

遠目から見てもそう。

プロに塗装して頂いた
腰下のブロンズ部分に比べれば
上半分のダークブルー部は
艶が弱いです。

これはわたしの、初めての
屋外缶スプレー塗装の
腕が足りなかったわけです。

でも。

これはこれで、質感も見栄えも
なかなかいいんじゃないかと
気に入っていたりします。

それに、明るいところに出てみたら
色ムラも、気になるほどでは
なかったです。

初めてで、ここまでの状態に
持ってこられたのであれば、
気が向いたら何度も挑戦して
腕を磨いてみるのもいいかな!
…なんて思っていたりします。

もちろん、当初の目的だった
夏の強烈な陽射しで傷んでしまった
クリア層の剥がれなどは
すべて解消できました。

痛々しい状態で乗るのより
断然、気分もいいです!


また、Twitterのフォロワーさんから
ヒントを頂いて、最後にひと工夫した
ゴールドライン、大正解でした!

色の境界がはっきりしたことで
明るくても暗くても、どこで
塗り分けされているかが
感覚的に把握しやすいんです。

そして…

サイドビューの、
リアに向かって勢いよく
跳ねあがるラインを
強調できたこと。

さらに…

リア斜めビュー。

この部分の色分けは
自分でも、かなりぶっ飛んでる
ような気がしていました。

断面にあたる部分も
ダークブルーで塗っちゃいましたので。

でも、ゴールドラインが入ったことで
立体感が分かりやすくなって、
FTOのデザインの解釈の一つとして
この捉え方もアリかな、と
自然に受け入れやすくなった
ような気がしています。

このアングル、とても気に入ってます!


わたしのFTO、24年目を
迎えましたが、まだまだ
長く、お付き合いすることに
なりそうですよー!


のらにゃんとひろのそうさくこうぼう