のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●FTOトランク穴補強・62017年10月17日 22:15



雨が止んで、やっと再開!
FTOのトランク穴補強です!

先日、実車から写し取ってきた
固定するのに使えそうな
ボルト穴の位置。

現場監督の、しろくろさんからも
OKが頂けたので、念のため
固定できるか、確認です。

あ、大丈夫ですね!
ぴったり固定、できました。

なので…

実際の固定に使うMDF板に
ボルト穴を開けました。

このMDF板の上に…

この間まで作っていた
トランク穴の形のMDF板を
貼り付けて、ボルト固定するんです。


ただ、今日はここまで。

トランクに錆びが発見された ので、
明日、錆び落とししてから
続きの工程に入ります。

明日も雨、降りませんように!

●劣化、発見!2017年10月17日 21:45



群馬、15時から晴れたので
しばらく中断していた
FTOのトランク穴補強、
やっと再開できます!

材料に利用している
MDF板、水にはそれほど
強くないので、雨で濡らさないように
中断していたんです。


…ということで、作業を再開しようと
FTOの中に入ったら…

おわ…?!

トランクの凹みに、水がたまって
錆びが浮いている…!

どこかから、雨漏りしてるんだ!

場所によっては、大変なことに
なりかねないので、ドキドキしながら
調べてみたら、どうやら…

わたしのFTOは、軽量化のため
リアワイパーを外して…

その穴を、ホーンボタンを
くっつけて、埋めてたんですが…

密着させるときに利用した
コーキング剤が、風雨や
陽射しで劣化して、隙間が
あいてしまったみたい。


思い返せば、これをくっつけたの
もう10年近く前だもんなぁ。

当然の劣化、ということで
いいんだと思います。

ここなら、わたしがまた
貼り付けなおせば済むので
大掛かりな修理にはならないですね!


ただ、材料に買い置きがなかったので…

取り急ぎ、雨が降ったときのために
タオルを敷いて…

錆びは、軽く落とせるところまで
落としておきました。

この錆びは、ワイヤーブラシを使って
しっかり落とした後、薄くでも
塗料を拭いておいた方が
よさそうかな。

それにしても、大事に至る前に
発見できて、よかったです!

●征け、マー坊!2017年10月14日 22:15



しばらく前にご紹介した、
近所の、中古車屋さんに並んでた
スズキ マイティボーイ。

先日の、 三菱 スタリオン に続いて…

どうやら、旅立ちの準備が
できた模様です。

隅々まで磨かれた
黄色のボディ、良いですねぇ…!


マイティボーイは、
旧規格軽自動車の…

ピックアップトラックです。

でも、軽トラックベースでは
ないんです。

当時の乗用軽自動車
セルボがベースになっているので
前輪駆動車です。

セルボも、スポーツ色の濃い
モデルだったんですが、
実のところ、このマイティボーイの方が
後席と屋根がない分、軽量で
重心が低かったりして、
当時は、荷物を運ぶ車、というより
走りの車として認知されていました。

あ、内装には
鉄板むき出し部分が
あるみたいです。

親近感が沸くなぁ!

そしてこの個性、素晴らしいなぁ…!

今回の個体は、フルオリジナルではなく
アレンジされているみたいですね。

ホイールも、ビレット調な雰囲気です。


この鮮やかな黄色と
ボディスタイル、きっと
注目の的ですね!

古い車が未だに愛されて、
そして選ばれて、公道を凱旋すること
ただただ、うれしく思います!

●FTOトランク穴補強・52017年10月13日 22:15



昨日は…

トランク穴の形に合わせて
切り出したMDF板に、
さらにMDF板を重ねて、
厚みをプラスしました。

これで、余裕を持って
トランク穴をふさぐことができそう!


ただ、これでは固定ができないです。

車体側にあいている
ボルト穴を利用して、
ねじ留めはしないと。

なので…

まずは、MDF板の切れ端に
車体側のボルト穴位置を
写し取ってきました。

これを元に…

新品のMDF板に穴を開けたら…

昨日までに作った部品を、
こんな感じで、さらに貼り付けます。

以前、シフト剛性をアップする目的の
パーツを作ったとき
と同じ手法ですが…

こんな感じの形にするんです。

今回は、凸部分をトランク穴にはめ込んで
その外周を、車体にボルト留めで固定。

隙間には、ホットボンドを流し込む、
という寸法です。


前回はうまくいったけど、
今回はどうでしょう…?

サイズが、一気に大きくなってますから。

まずは、やってみよう!

…とはいえ、MDF板は結構
水に弱い気がするので、
雨が降っていると、ちょーっと
作業がしにくかったりして。

今日は一日雨だったので、
明日は、少しでもいいから
止む時間があるといいなぁ…!

●FTOトランク穴補強・42017年10月12日 22:15



昨日は、現物合わせをしながら
削ることで、トランク穴の形の
MDF板を作ることができました。

でも、板厚が足らなかったんです。

なので、今日は朝一番で
厚いMDF板を買ってきました。

そして…

昨日切り出したMDF板を
木工用ボンドで接着!

さらに、鋲を打ち込んで
しっかり密着させます。

そしたら…

しろくろさん監督の下
のこぎりで、同じ形に
切るんです。

こんな感じで、昨日切り出した
MDF板の断面に、のこぎりを
沿わせるようにして切れば
簡単に、同じ形にできちゃいます。

新しいMDF板は、ボンドと鋲で
ガッチリ固定されてるので
ズレることもないですし。

こんな感じです!

あとは…

木材に、紙やすりを巻きつけて
断面を削れば、完成!

これで板厚、15mm強が
確保できました。

MDF板は、加工しやすいので
このくらいの作業なら
30分程で出来ちゃいます。

MDF板を買いに出かけてた
時間の方が長かったくらい。

明日は、もう一度
現物合わせをしてみたあと、
車体にボルト固定するための
ステー部分を制作開始です!

●FTOトランク穴補強・32017年10月11日 22:15



昨日、作業部屋で
大まかにカットしたMDF板を…

FTOの中に持ち込んで、
現物合わせしながら、形を
合わせていきます。

のこぎりと、紙やすりを使って
少しずつ削っていって…

こんな感じかな!

ただ、このトランク穴の
断面なんですが…

おおお、こりゃあ難儀だ…!

鉄板、切りっぱなしの部分があったり、
律儀に折り返されていたり、
二重に溶接されていたり。

断面の厚さ、ご覧のとおりで
まったく均一ではないんです。

びっくりするほど、複雑な形状なので
どんなに集中してMDF板を削ったところで
手作業で、ぴったり合うものを作るのは
まず、不可能。

なので、できる限り少ない隙間で
はまるように作って、隙間は
ホットボンドか、コーキング剤で
埋める前提で良いかな、と思っています。

ただ、一番厚みのある部分にも
しっかり、板を噛ませられるように、
MDF板をもう一枚重ねて
厚みを盛っておく工夫は必要そう。

明日、時間が作れたら
買ってこようと思います!

●FTOトランク穴補強・22017年10月10日 22:15



今日は、粘土彫刻の制作を
優先したので、作業開始が
暗くなってからになってしまった…。

とりあえず、今日は…

MDF板を、おおまかに
トランク穴の形に切り出そう。

しろくろさんも、監督を
買って出てくれましたし!


MDF板は、曲げや圧迫には
強いのに、カッターで簡単に
切れるので、助かります!

…と、思っていたんですが、
そういえば今回は、いつも使ってる
板の、2倍強の厚みのを
買ってきたんだった…。

ここまでの厚みがあると
さすがに、のこぎりの方が
作業性、良さそうですね。

切り取り、完了!

ここから先は、作業部屋で進めると
削りすぎて、ゆるゆるになっちゃたり
しかねないので、車の近くで
現物あわせしながら進めるのが
いいのかな、と思っています。

●FTOトランク穴補強・12017年10月09日 22:15



しばらく前に計画した、
FTOの、トランクと室内の間に
開いた穴を補強する改良。

今日から、始めますよー!


まずは、実際の穴の形や
大きさを確認します。

そういえば、トランク穴下についてる…

この黒い棒。

何のためについているんだろう…?

おそらくは、補強なんだとは
思うんですが、実はこれ
手でひっぱたくと、
「バイーーーーン!」って
盛大に震えるんです。

ドアを思いっきり閉めても
「バイーーーーン!」です。

ノーマルのFTOの場合、
この棒には、後席シートが
触れているはずなので、
振動音はしないと思うんですが、
こんな感じで、補強の役目
果たせているんだろうか…?

この棒自体も、それなりに
強化しておいた方が
良さそうな気がします。


で、メインのトランク穴は…

買ってきたMDF板を
あわせてみて…

こんな感じだということが
わかりました。

買ってきた板、ほぼ
すべて使う感じですね!

明日は、大まかにカットしつつ
現物あわせで、できる限り
ぴったり収まるように、削ってみます。

●満を持した、かなぁ…?2017年10月06日 22:15



しばらく前から、また
FTOに手を入れ始めています。

とはいえ、もう生産終了してから
20年近く経つ車。

専用パーツなんてほとんど
見つからないですし
あったとしても、お金が
なかったりしますし。

なので、ホームセンターで買える
材料で、あれこれ自作しています。

しばらく前に、シフト剛性を
上げるパーツを作って。

さらにこの間、シフトコンソールを
作ってみました。

そんなことをしていたら、
だんだん、自作の仕方の
コツがわかってきたような…?

こういうときに、思いつくことに
挑戦してみると、いい結果が
残せるし、経験も身につくんじゃ
ないかなぁ、なんて思って…

ついにこの穴、ふさごうかと。

後席とトランクを仕切る
隔壁なんですが、トランクスルーを
実現するために、大穴が開いてます。

トランク側から見ると、こんな感じ。

わたしは、FTOに荷物を積むつもりは
ないので、トランクスルーの必要は
ありません。

この穴をふさいだら、
ボディ剛性が上がるんじゃないかなぁ!

と、ずーっと前から思っていたんですが
実現できてませんでした。


…どうしてかというと。

この穴をふさぐチューニングって
それなりに一般的なんですが、
あれこれ調べてみると、やっぱり
鉄板を溶接するのがいいみたい。

でもわたし、溶接はしたことがないので
やるとなったら、ショップなどに
お願いすることになります。

それだと、結構なお金が
かかっちゃいそうですよねぇ…。


それに、わたしのFTOは
今年の夏で、二十歳になりました。

人間だったら若々しいですが、
車の二十歳は、なかなかの
くたびれ具合かも…。

そんな車に、強烈な補強をしたら
寿命、縮まっちゃうんじゃないだろうか。


ボディ剛性は高いほうがいい!
…のは、間違いないと思うんですが、
どこもかしこも補強しちゃうと、
力の逃げ場がなくなっちゃうんですよね。

タイヤや、エンジン・トランスミッションから
伝わってくる振動を、全部受け止めちゃうと
ボディにクラック(ひび)が入ったりします。

なので、ノーマル車の場合
そういうことがないように、
あえて、弱い部分を設けておいて
そこで力を逃がすような設計が
されていたりするんです。

タクシー専用車などは、
たくさん距離を乗っても、
車体が致命的に傷んだりしないように、
安全性に関わらない部分の剛性を
ノーマルよりも、さらに落として
製造されてたりもします。


そういうことを考えたとき、
安易に大穴をふさぐと
予想だにしないトラブルに
見舞われるんじゃないだろうか?

そんな不安があったんです。


…が!

最近、いろんなことに利用してる
MDF板!

木片を細かく砕いたあとで、
圧力をかけながら固めた板です。

木より、むしろ紙に近い
構造だったりします。

この素材だったら!

あまりにも大きな力がかかったら
ボディよりも、MDF板の方が
先にゆがむことで、衝撃吸収を
してくれるんじゃないかな、なんて。

もちろん、鉄板で補強するより
だいぶ、強度は劣ると思いますが、
大穴が開いている状態よりは
よくなりそうですし、車への負担は
鉄板よりも、少なそう。


…ということで!

週末は、あれこれの予定があるので
来週の月曜日あたりから
作ってみようと思います!

●シフト箱製作・まとめ2017年10月05日 22:15



昨日、新造シフトコンソールを
装着しての、試運転をしました。

見た目には満足できましたし、
さらに、意外にもシフト操作が
スムーズになりました。

どうやら、今回作った
シフトコンソールの天板に
シフトブーツの裾を固定したから、みたい。

ブーツの長さと動きに
余裕が出て、今までよりも
自在に、柔軟に変形できるように
なったことが、操作感の向上に
つながったようです。


今日は、そんなシフトコンソールの
製作過程を、まとめてみました。

全26回と、それほど長くない期間で
仕上げることができました。

そのうち、製作し始めてから、
取り付けが完了するまでに
かかったのは、22日。

平均すると、一日1時間くらいの
ペースで作業していたので、
思ったより時間、かかってないのかも。


ちなみに、製作にかかった費用は
3,000円をちょっと超えたくらい。

単体で、一番高価だったのは
シフトパターン掲示用に購入した
シフトノブの、635円。

とはいえ、シフトノブとしたら
激安ですね!

意外とかかったなぁ、と思ったのは
ネジ&ナット類です。

一袋は100円前後なんですが、
せっかくなので、しっかりした
造りにしようと、結構な数を
使いました。

たぶん、1,200円分くらいは
買ったと思います。

あとは、安くて丈夫なMDF板と
100円ショップで購入したものを
中心に使って、出費を抑えました。

こういう工作って、やっぱり
楽しいですねぇ!



1.シフトコンソール製作のきっかけ

●ちょっとだけ、下調べ… へ
●材料かき集め! へ



2.まずは、車体固定用プレートを製作だ!

●シフトコンソール製作・1 へ
●シフトコンソール製作・2 へ
●シフトコンソール製作・3 へ
●シフトコンソール製作・4 へ
●シフトコンソール製作・5 へ



3.次に、シフトコンソール本体を製作だ!

●シフトコンソール製作・6 へ
●シフトコンソール製作・7 へ
●シフトコンソール製作・8 へ
●シフトコンソール製作・9 へ
●シフトコンソール製作・10 へ



4.天板を製作だ!

●シフトコンソール製作・11 へ
●シフトコンソール製作・12 へ
●シフトコンソール製作・13 へ
●シフトコンソール製作・14 へ
●シフトコンソール製作・15 へ
●シフトコンソール製作・16 へ
●シフトコンソール製作・17 へ
●シフトコンソール製作・18 へ



6.いよいよ、布貼りだ!

●シフトコンソール製作・19 へ
●シフトコンソール製作・20 へ
●シフトコンソール製作・21 へ



7.ついに、取り付けだ!

●シフトコンソール製作・22 へ
●シフトコンソール製作・23 へ
●シフトコンソール製作・24 へ
●シフトコンソール製作・25 へ



8.仕上げに、試運転だ!

●シフトコンソール製作・完 へ


今回は、初めての内装製作ということで
ほぼ真四角の、単純な形状のを
作ってみました。

でも、出来上がりには満足できましたし、
この流れで、ダッシュボードにつながる
垂直のパネルを作ってもいいかな、なんて
考え始めています。

そのときは、もうちょっと丸みをつけた
かっこいい形状に挑戦するのも
アリかなぁ!

製作を開始したら、また
このブログや、SNSで
製作過程をご紹介できればと
思っています!

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう