のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●キムラ~!2017年06月23日 21:15



カップヌードルに比べると、
チキンラーメンの新作は
久しぶりな気がします。

チキンラーメン キムラ~
やみつき旨辛キムチ味


ふたを開けてみると…

こんな感じ。

かやくと、後入れ調味オイルの
小袋が入っています。

…ということは、ベースは
スタンダードな、麺に味がついてる
タイプの、チキンラーメンですね!

せっかく

 たまごを入れると
 もっとおいしい!

って書いてありますので、
入れてみることにしました。


お湯を入れて3分で、完成!

おおお、こりゃあすばらしい!

たまごを入れたことも
ありますが、普通のカップ麺より
格上な見栄えです。

香りについては、キムチというより
ニラが強いかな…?


…肝心の、味はというと。

あ、いいですね!
これは、とってもおいしい!


やっぱり、ベースは普通の
チキンラーメンだと思います。

具を変えて、調味オイルを
追加した、プラスアルファで
盛っていく系の、バリエーションです。

赤い調味オイルは
もちろん辛いんですけど、
ベースの、チキンラーメン味が
しっかりしているから、
ただ辛いだけではない味わいです。


具のキムチ、フリーズドライの
だと思うんですが、お湯で戻ったら
肉厚で、しっかり歯ごたえと風味が
楽しめるものになっていました。

そして個人的に良かったのが、ニラ。

キムチよりも、ニラの方を
強めに感じたんですが、
鮮烈なインパクトがあって、
個人的には、好印象でした。

味も香りも本物に近くて、
なんだか、最近のカップ麺の
具って、すごいですよねぇ…!

…そんなわけで。

確かに辛め、ではありますが、
皆さんにおすすめできる、
わたしでも、普通に食べられるレベルの
辛さです。

具にも個性がありますし、
スープもおいしいし。

やっぱり有名銘柄、
完成度が高いです。

わたしはいくつか、買い置き
しておこうと思います!

●デストロイヤー炒め!2017年06月22日 21:30



この間、素揚げにして楽しんだ…

グランドペチカ デストロイヤー!

皮が赤い、じゃがいもです。

まだ、少し残っているので
傷まないうちに、食べようと思います。


ということで…

やっぱりお手軽だし、
ウィンナーと一緒に炒めようかな!


早速、作りますよー!

まずは、じゃがいもとたまねぎ。

この状態に、キッチンペーパーを
かけて、ラップをして
電子レンジで加熱しておきます。

この量なら、500wで8分くらいかな。

そうすると、調理時間が
短縮できる上に、ホクホクで
甘みも出て、おいしくなりますよ!


下ごしらえができたら、
フライパンにオリーブオイルをひいて
中火にして…

まずは、じゃがいもを炒めます。

さらに、たまねぎを追加。

焼き目がつけばいいので、
豪快に動かす必要はありません。

この状態で、たまに転がしたり
ひっくり返したりすれば
大丈夫です。


たまねぎに、焼き目が
ついてきたら…

ウィンナーも追加!


さらに、トマト!

トマトは、つぶしながら
炒めると、美味しくなりますよ!


最後に、味付けで…

ガーリックバターソースと、
ハーブっぽいものを。

あら、バジルを入れたつもり
だったけど、ミックスハーブって
書いてありましたね。

今、気づきました。

ガーリックバターソースは
もちろん、通常のバターと
にんにくすりおろし&塩などで
代用できますよ!


しっかり絡めたら、完成!

おお!
やっぱり、こういう料理
いいですねぇ!

色合いといい、照りといい
文句なしです!


味も、大満足でした!

もしかしたら、ウィンナーと
じゃがいもを炒める料理に
たまねぎを入れたの、今回が
初めてかもしれないんですが、
これが、よかったみたいです。

たまねぎから出た甘いスープが
トマトを取り込みながら
全体に行き渡りつつ、適度な
とろみをつけてくれています。

だから、じゃがいもにも
ウィンナーにも、味がしっかり絡んで
とっても濃厚なんです。

昨日炊いた、とうもろこしご飯とも
相性抜群でした!


今まで、じゃがいもとウィンナーを
炒める料理は、何度も作ってきましたが、
たまねぎとトマトを入れた
今回の組み合わせは、
完成形のひとつ、といっても
いいんじゃないかと思いました。

おすすめします!

●とうもろこしご飯だ!2017年06月21日 21:15



最近、スーパーでも
とうもろこしを見かけるように
なってきました。

おいしいですよねぇ!
焼いても、茹でても!

電子レンジでも、簡単に
作れちゃったりします。


でも実は、ご飯と一緒に炊くのも
絶品なんだそう!

Twitterのフォロワーさんが
教えて下さったんです。

とうもろこしご飯、です。
今まで、食べたことありませんでした。

なので、作ってみよう!

材料は、こちらです。

味付け、シンプルにしようと思います。

お米に対する水の量ですが、
標準的に、白米を炊くときの
割合でよさそうです。

とうもろこしのために増やす
必要はないみたい。

今回、わたしは鉄鍋で炊くので、
事前に30分ほど
水に漬けておきました。


とうもろこしは…

きれいですねぇ…!

こんな感じで、ほぐしておきます。

これを…

ご飯の上に敷き詰めて
芯も一緒に炊くんです。

こうすると、とうもろこしらしい
香ばしさが出てくるみたい。

味付けは、白だしのみで。

ふたをしたら、いよいよ
炊きますよー!

まずは…

強火にして、水を沸騰させます。

ぐつぐつと音がしてきたら…

弱火にして、15分
コトコトと煮ます。

最後に…

もう一度、2分ほど強火にして
余分な水分を、飛ばすんです。

そしたら、火を止めて
10分ほど蒸らしたら…

ふたを開けて、とうもろこしの
芯を取り除いたあと、
バターを入れます。

そしたら、もう一度ふたをして
さらに10分蒸らします。

そうすると、余熱でいい感じに
バターが溶けますよ!


あとは、よくかき混ぜれば
完成!

おおお、いいじゃないですか!

炊き立てご飯の香りと
とうもろこしの甘い香り、
そして、バターの香りが
溶け合って、食欲をそそられます。

おこげも、できました!


…早速、食べてみたところ。

これは、確かに美味い!

とってもシンプルですが、
一口食べたときのインパクトと、
飽きの来ない風味が
両立されています。


水の量、とうもろこし分を加味して
増やさなくても大丈夫でした。

食感、ちょうどよかったんです。

とうもろこしを噛んだときの
プチッとした歯ごたえと、
じわっと広がる甘さ。

自然な甘さは、ご飯のうまみを
さらに引き立てますが、
おかずと一緒に食べても
邪魔を感じることはありませんでした。


バターも、香り付け程度の
量にしたので、もちろん、
純和風なおかずと一緒に
食べても、違和感はありません。

もしかしたら、最後にバターを
溶かす量を多くするだけで、
簡単に、洋食向けに調整することが
できそうです。

…そういえば。

とうもろこしって、生状態で
身をほぐすの、なかなか
難しいんです。

力をこめすぎると、
つぶれちゃったりして。

なのでわたし、途中で面倒になって
包丁を使って、そぎ落としました。

たぶん粒々状態のが、6割。
包丁でそぎ落としたのが、4割。

もちろん、包丁でそぎ落とした場合
中身が出ちゃうんですけど、
それ、悪いことでもなかったんです。

包丁でそぎ落とした分で
全体の甘みを上乗せしつつ、
粒々状態のを噛めば、
さらなるアクセントに。

図らずとも、そんな感じになったのも
おいしく感じた要因かも知れないですね!

●三島ゆかりちゃん!2017年06月20日 21:15



しばらく前に、その存在を
知ったんですが、やっと実物
発見しました!

わかめラーメン 三島のゆかり仕立て

あ、パッケージに
柳沢慎吾さんが、復活してる!

三島のゆかり、というのは
三島食品の主力商品である
「ゆかり」という、赤しそふりかけの
ことなんです。

流行の、コラボ商品ですね。


ふたを開けると…

こんな感じ。

かやくと、粉末スープ。

そして、ふりかけの中に
おそらく、ゆかりが入ってるんですね。


お湯を入れて3分で、完成!

おお、しそのさわやかな
いい香り!

ラーメンや、汁物から
この香りがするのは
新鮮ですね!


…早速、頂いてみたところ。

これは、新境地ですね!

一口食べて、おっ?!と
思います。

塩味ベースに、しその風味が
たっぷりプラスされています。

全体的に、さっぱり味ですが
薄いわけではなくて
味はしっかり、絡んでます。

よくよく見れば…

ゆかりちゃん、麺に
こんなにたくさん、くっついてる。

だから、味も香りも
均一に楽しめるんですね!


乱暴に表現すると、
梅昆布茶でラーメンを食べてる
雰囲気なんですが、完成度が
とっても高いです。

個性派カップラーメンらしい
インパクトだけではなくて、
実力も兼ね備えている感じ。

食欲が無いときでも
簡単に作って、さらっと
頂けちゃいそう。

これからの、暑い季節にも
ぴったりだと思います!

●今日は、塩味!2017年06月19日 21:15



昨日食べた、焼ビーフン。

ほんと、衝撃でした。

味付け一切なしで、
ここまでおいしいなんて!


実は…

こく旨塩味のも、買ってきたんです。

なので、今日はこれを…

食べようと思います。

二日連続なんですが、
しょうゆ味を覚えてるうちに
塩味も、試してみたく
なっちゃったんです。

実のところ、昨日切った野菜が
まだ残っていますし。

このままだと傷んじゃうから
早めに食べきっちゃおうかな、と。

野菜の量が多いので、
焼ビーフンも、2袋
同時調理しますよー!


作り方は、ほぼ一緒。

まずは、温めたフライパンに
油を引いたら…

豚バラ肉を並べて、
その上に、焼ビーフン。

さらに、野菜を載せたら、
水を注ぎます。

一食分のときは、190ccだったけど、
二食分の場合は、340ccだそう。

単純に倍、というわけでは
ないみたいですね。


あとは、ふたをしたら…

4分、蒸し焼きにします。

しょうゆ味のは、3分でした。
ちょっとした違いがあるんですね。


時間が経ったら、ふたを開けて…

余分な水分を飛ばしてから
付属の、こく旨塩ソースを入れます。

これ、液体ソースなので
満遍なく、行き渡りやすいです。


これで、完成!

おお、いい感じ!

具は、昨日と同じです。
でも、色と香りが違います。


肝心の味は、というと。

あ、確かに塩味!
パッケージの

 ホタテの風味が広がります

という記述のとおり、海鮮系の
だしが効いていますね!

中華丼っぽい味、といったら
伝わりやすいと思います。

具には、一切海鮮系のものを
入れていないんですが、
中に、えびやイカが隠れてても
おかしくないと思わせる味でした。

もちろん、美点である
麺のほぐれ具合と、のど越しの
良さは、健在です!

しょうゆ味もいいけど、
こちらもいいなぁ…!

しょうゆ味は、肉野菜で手軽に、
今回の塩味は、贅沢な海鮮の
具材を準備して作ってみるのも
いいかな、と思いました。

また、作りまーす!

●衝撃!焼きビーフン2017年06月18日 21:30



今日の料理は、なかなかの
衝撃でした。

もちろん、いい意味で。

とっても美味しかったんです!


作ろうと思ったきっかけは、テレビ。

チラ見程度で、電源を
落としちゃったので、
えーと、何だったかなぁ…?

これが、地元で愛されている
味です…みたいなのを
紹介する番組でした。

そのときは、チラ見で
済ます程度だったので、
特に、作ってみるつもりも
なかったんですが…

ちょうどスーパーで、
安い材料が手に入って。

あ、だったらこの間見たの
試してみても良いかな!
ということで…

初めて、買ってみました。
ケンミンの焼ビーフン!


もちろん、昔から存在は
知っていたんですが、
あまり身近ではなかったんです。

子供のころ、といえば
大皿の麺類は、焼きそば!
と、決まっていましたし。

初めてなので、今回は
説明書のやり方に従って
作っていきますよー!


まずは、フライパンに
油をひいて、温めたら…

豚バラ肉を並べて…

その上に、ケンミンの
焼ビーフン!

さらに上に、野菜を載せたら…

190ccの水を注ぎます。

200ccではないところに
こだわりを感じますね!


その後は、ふたをして…

強火で3分、蒸し焼きに。

時間が経ったら、ふたを開けて
余分な水分を飛ばします。

味付けは、一切不要!

焼きビーフンの麺に
しみこんだ味が溶け出して、
味付けまでしてくれるんです。


お皿に盛って、完成!

おおお、美味そうですねぇ!

和風のような、中華のような
とってもいい香りがします!


で、その味が
衝撃だったわけです。

本当に、何の調味料も
いれずに、説明書どおりに
作ったのに、とっても美味い…!

お店で出てくるような、
プロが作った味でした。

結構多めに、肉と野菜
入れたと思うんですが、
麺から溶け出た味で、
十分に、味がついてます。

この、鶏がらしょうゆ味で
単純に肉を焼いても
美味しいだろうなぁ…!


そしてさらに、麺が良かった!

細くて、よく伸びて、コシと
弾力のある麺、ほぐれやすいから
喉越しもすばらしいんです。

家庭用の生タイプ焼きそばって、
お皿に盛った段階で
麺と麺がくっついちゃうので、
麺類らしい食感、だいぶ
スポイルされちゃったりします。

それが個性、でもありますが。

でも、焼ビーフンは
麺類らしい食感を
思う存分堪能することが
できますね!

さらに、味が元々麺に染みているので
場所によって濃さが変わるような
こともなく、均一なんです。

これは、すごい…!

今まで長い間、ノーマークだったことが
悔やまれる美味しさでした!

麺類として、もちろん美味しいんですが、
野菜炒めの味付け要員としても
とっても優秀だと思います。

ただただ、びっくり。

今回のしょうゆ味以外のも
売ってるみたいなので、
早速、買ってこようと思います。

超、おすすめ!

●竜田&素揚げ!2017年06月17日 21:15



まだ、梅雨真っ只中なはずなのに
いい天気が続きますね!

昨日、スーパーに買い物に行ったら
もう地元産のオクラが出てました。

初夏ですねぇ!

初夏の野菜は、やっぱり
素揚げが一番。

早速、第一弾を楽しもう!

材料は、こちら!

今回のメインは…

この二つ。

グランドペチカ デストロイヤー
だって。

じゃがいもなんですけど…

皮が、赤いんです…!

そして、右のは…

小あじです。

こんなにたくさん入ってました。
軽く洗って、ぬめりをとります。

こちらは、素揚げだと
中身が爆発しちゃったりが
考えられるので、
竜田揚げにします。

今回、初めて試す
市販たつ田揚げ粉を…

袋の中で、まんべんなく
まぶします。

この粉は、水に溶かないで
そのまま使うタイプです。

材料は、準備完了!

それでは、揚げていきますよー!

まずは、デストロイヤー!

大好きな、小たまねぎ!

オクラは、爆発するので
要注意です!

野菜の素揚げには…

熱いうちに、塩をふりかけます。
味が浸透しやすいですよ!


最後に…

小あじの竜田揚げ。

小さいので、結構早く
火が通ります。

揚げすぎると硬くなっちゃうので、
まずは、味見をして確認するのが
いいと思います。

こんなに揚がった!


食べる分だけ、お皿に
盛り付けたら、完成!

おお、色とりどりだ!

火の通り具合、よさそうです。
とっても美味そう…!


味も、もちろん大満足!

料理の腕とかは、あんまり
関係ないと思います。

調理方法がシンプルだから
素材の味、そのまま。

旬の食材の美味さが
そのまま活きてますね!


小あじの竜田揚げ、
サイズがとっても小さいので
にぼしっぽい、硬い感じに
なるかも、という不安がありましたが
そうではなかったです。

ししゃものフリッターみたいな、
やわらかい食感で、
身の味が、しっかり味わえます。

素材が新鮮だったのと、
竜田揚げの粉のおかげで、
生臭さは、感じませんでした。

時間が経っても、生臭く
ならなかったのは、とっても
よかったです!


たまねぎとオクラは、
安定の美味さ!

甘みと歯ごたえ、最高です!

手軽に、安く手に入る
素材が美味しいって、
幸せなことですねぇ…!


ちなみに、デストロイヤー
なんですが、切ってみると…

色合いは、さつまいもっぽい!

でも、味はじゃがいも。
なかなか、不思議な食材です。

見た目が独特なので、
味にも個性があるのかと
思ったんですが、ざっくりとは
普通のじゃがいも、という
印象です。

味は、男爵やメイクイーンよりは、
きたあかりに近いかな…?

皮も、普通のじゃがいもの皮と
変わらない美味しさです。

食感には、もしかしたら
特徴があるのかもしれないですが、
小さいサイズのを選んだので、
はっきりと個性を感じるほどでは
ありませんでした。

つまり、普通のじゃがいもと
同じ感覚で、この独特の
鮮やかな色合いが楽しめるんですね。

魅力的な品種だと思います!

…そんなわけで、やっぱり
夏野菜の素揚げは、美味しい!

これからは、さらに
魅力的な食材が増えていきます。

見た目に鮮やかで、
体にもよくて、もちろん美味しくて。

暑くなると、揚げ物って
なかなかに体力を消耗しますが、
それを押しても作る魅力、
あると思います!

●畑の牛肉、牧場の大豆2017年06月16日 21:00



昨日はお昼に、ひたし豆を
戻して食べた
んですが…

実は、こんなものを
ご近所さんから、頂いていたので
晩御飯も、栄養満点でした!

せっかくなので、ひたし豆と一緒に

畑の牛肉と、牧場の大豆(?)
夢の競演、ということで!

とはいえ、塩コショウした
牛肉を焼いたのを、
ひたし豆の上に乗せて、温めた
宮のたれをかけただけ、です。

完成!

これだけ豆があれば
ご飯の代わりになりますね!

ある意味、牛ステーキ丼です。

上州牛の脂と、宮のたれが
豆にも均一に行き渡って。

牛肉と一緒に口に入れても
別々に食べても、とってもおいしい!


なるほど、ひたし豆は
単体で食べるのではなく、
何かと一緒に、そして
それなりに、味付けをした方が
美味しく楽しめるんですね!

主役を引き立てることで輝く
名脇役、といった印象でした。

●ひたし豆!2017年06月15日 21:30



インスタント続きだと、体を
壊してしまうかもしれないので…

今日は、これ。

ひたし豆、です。


しばらく前に…

秘伝ハッピー豆、というのを
食べました。

とっても美味しかったんですが
頂き物だったので、近所では
見つけられなくて。

でのこの間、そのものズバリ
ではないにしろ、近そうなものを
スーパーで発見したんです!

それが、今回のひたし豆です。


これ、どういうものかというと
乾燥した枝豆、なんです。

時間をかけてふやかした後
茹でると、枝豆っぽくなるんだそう。

今回も、袋に書いてある
手順のとおり、作ってみました。

まずは…

豆が余裕を持って沈むくらいの
水に浸して、塩を小さじ1杯くらい
入れるんです。

そしてこのまま、2時間放置!

2時間経ったものが…

こんな感じです。

おお、結構膨れてきてる…!

これを、アクをとりながら…
1時間ほど茹でるんです。

でも、わたしの場合
45分を過ぎたところで
味見をしてみたら、十分に
やわらかかったので、
火を止めました。


完成!

おお!
枝豆っぽくなってる…!


肝心の味は、というと。

うーん。
これは、難しい…!


…いや、十分に美味しいんです。

あんなに硬くて小さかった豆が
見た目も味も、しっかりと
枝豆っぽくなってます。

でも、枝豆「っぽい」感じです。

言葉を変えると、
枝豆の水煮、のようなんです。


最近、スーパーなどで
サラダにそのまま乗せて
食べるような、袋に入った
豆、売ってますよね。

あれの中に入ってる、
緑色の豆、そのものの味です。

だから、もちろん
美味しいんです。


ただ…

以前作った「秘伝ハッピー豆」は
枝豆っぽいのではなくて、
枝豆そのものの味、だったんです。

枝豆のさやを口にくわえながら、
プルンと押しだして、直接
口に入れる、あの枝豆そのもの
だったんです。


そんな凄いのを、先に食べちゃったから
ちょっと考えちゃいましたけど、
こちらも、美味しいので!

実のところ、秘伝ハッピー豆は
一度頂いたきり、近所を探しても
見当たらない状態です。

でも、このひたし豆は
割と、いろんなスーパーで
見かけます。

なので、一度お試しになるの
アリだと思います!

そして、もし見つかったら
秘伝ハッピー豆も、お試しくださいませ!

●北海道きつね!2017年06月14日 21:00



これ、初めて見ましたよ!

赤いきつね 北海道

どうやら、北海道で販売されている
赤いきつね、みたいですね!

そば・うどんのカップ麺って、
地方によって、味に違いが
あるんですよね!

以前、このブログやTwitterなどで
お世話になっているかたから
関西版のを頂いて、食べ比べを
したことがありました。

北海道にも、独自の味が
あるんですねぇ!


ふたを開けてみると…

中身は一緒、かな?

でも、関東で売ってるものの場合、
文字が、赤なんです。

これは、オレンジ。
そういう違いがありますね。


お湯を入れて5分経ったら、完成!

お、いい感じですー!

見た目的には、関東のと
ほぼ一緒かな!

具と麺、七味唐辛子は
おそらく、まったく同じものだと
思います。

やっぱり違いは、スープかな。


このスープ、パッケージを見ると
利尻昆布使用、って
書いてあります。

なので、関東のかつおだし風味より
関西の昆布風味に近いです。

ただ、関西のとはまた違った
風味なのは、確かみたい。

もう記憶から薄れつつあるのは
正直なところなんですが、
関西版は、まろやかでとげのない
昆布味だったんです。

でもこの北海道版は、
結構、塩気を感じる昆布味。

ガツンとしょっぱいわけでは
なくて、後味に塩気が残る感じです。

塩気の残り方は、いつも食べてる
関東のに、似てる気がします。

月並みの表現をするなら、
今回の北海道版は、
関西版と、関東版のちょうど
間くらいの位置づけかな、と
思いました。

あ、もちろん赤いきつねらしい
個性のある美味しさでしたよ!

カップ麺の地域差、
面白いですよねぇ!

100円ちょっとで買えるのに、
その土地土地の、食文化や
好みを盛り込んでいるなんて。

開発だって、販売管理だって
とっても大変だと思います。

そういうことに、誠実に
取り組んでいらっしゃる
メーカーの商品だからこそ、
定番になるんだな、と
改めて実感しました。

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう