のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●くろねこ時計箱制作・12020年08月01日 21:00


しばらく前、このブログや
彫刻制作、Twitterなどに留まらず、
わたしの生活環境全般の改善に
多大なサポートをして下さっていると
言っても過言ではないかたから…

頂いた、自動巻き機械式腕時計用
ウォッチワインダー。

わたしが、中古腕時計を
綺麗にして楽しむ趣味に
目覚めたことを知って
プレゼントしてくださったものです。

どうもありがとうございます!


ふたを閉じた状態でも
中が良く見えますし…

ふたを開けると、さらに
素晴らしい景色です。

いつでも、見て楽しめるよう
ちょうどいい角度で
ディスプレイできる上に
程よく密着する柔らか素材で
腕時計が傷つく心配がありません。

そして、電源を入れておけば
定期的に回転させて
自動巻き式腕時計の
ゼンマイを巻いてくれます。

実は、定期的に回転することで
時計の中のオイルが回って
性能維持にも貢献してくれます。

今回はそんな、腕時計箱の
ご注文を頂きまして!

クォーツ式の腕時計を
ディスプレイしながら
保管できる箱を
作ることになりました。

ウォッチワインダーの機能を
個人で作るのは大変ですが
クォーツ式時計は電池で動くので
ゼンマイを巻く必要がありません。

作るのは、箱だけで大丈夫。

でも、せっかく作るんですから
やっぱり、ご依頼主宅の
ねこさん彫刻は付けたいなぁ…!

中に入れて頂くのは
赤い盤面の、スポーティな
クロノグラフだそう。

ならば、かわいいけれど
カッコよさも感じられるものが
良いですよね!


ただいま、準備しながら
構想を練っています。

明日から、作り始めますよ!

●極上のフィット感!2020年06月29日 22:00


今日の、早朝ドライブでは
先日、磨きを仕上げた…

RADO・ゴールデンゲートを
着けていきました。

50年以上前の時計だと
思われますが、元気に
動いていますよ!

針が太くて、目盛りも
良く目立ちます。

蛍光塗料みたいなものは
もちろん塗られていないので
真っ暗になったら見えないけれど、
朝の薄暗い時間でも
十分に時間が確認できる
視認性の良さです。


そして、コマの細かい…

ベルト、やっぱり
フィット感が良いんです。

実は、購入した状態では
わたしの腕には緩すぎました。

なので、RADO製では初めて
ベルトのコマを詰めてみました。

コマ詰めは、一般的な
時計メンテナンス工具で
問題なく出来ました。

この、細かいコマ
一つ一つが外せるので
自分の腕の太さに合わせた
微妙な調整ができるんです。

その甲斐あって、今
わたしが所有している
腕時計の中で、一番の
フィット感になりました。

RADOの、このタイプのベルトは
繊細なデザインがわたし好みで
気に入っていたんですが、
今回、実用性も高いことが
実感できました。

おそらくは…

裏蓋の、この彫刻も、
肌の表面に引っ掛かることで
時計がズレるのを
防いでいるのかも。

細部まで、よく作りこまれた
時計だと思います。

ちょっと無理してでも
手に入れて、よかったです!

●ゴールデンゲート完成!2020年06月26日 22:00


先日手に入れた腕時計
RADO・ゴールデンゲート。

磨き作業、完了です!

もともと、年式の割には
きれいな方だったと思うんですが…

一皮剥けた印象に!

輝きが違ってるんじゃないかと
思います。

中身は分解していないので
文字盤の劣化は、そのまま
なんですが…

単色より、この均一に
劣化した雰囲気、趣があって
いいんじゃないかと思うんです。

経年劣化、ではなくて
経年変化。

そう表現してもいいんじゃないかと
思いますよ!

そして、風防を磨いたので
透明度が上がって
視界もすっきりです。

ベルトのバックルの…

向かい合ったシーホース
(たつのおとしご)も
くっきりはっきり、です。

裏面の彫刻も…

立体感が増したように思えます。


おそらくは、50年ほど前の
時計だと思うんですが、
元気に動作しています。

今使っても、十分に
実用に足りますし、
この時代の時計、
特にRADOの雰囲気、
個人的にとても大好きなんです。

お出かけが楽しくなる腕時計
とても気に入りました!


ところで、このゴールデンゲートは…

わたしが持っているRADOの中で
初の、日付だけでなく
曜日表示もついている
デイデイトと呼ばれるタイプ。

普通、日付や曜日表示が
付いている腕時計って、
独立して、それぞれを合わせられる
ように、龍頭が二段階に引き出せたり
曜日を合わせる専用のボタンが
ついていたりするんです。

でも、このRADOは
そういうの、一切なし。

一段階しか引き出せない龍頭で
時間・日付・曜日を、すべて
合わせるんです。


どうするのかというと。

合わせる順番は、

 曜日 → 日付 → 時間

の順になります。


とりあえず曜日は
龍頭をぐるぐる回して
深夜0時を何度も超えさせて
合わせるんです。

力技…!


そして、日付はというと。

深夜0時を超えてから
もう一度、逆回転させて
夜の20時半くらいまで
戻すんです。

そうすると、小さく
「カチッ」という音がします。

音がしたら、もう一度
深夜0時を超えさせると
曜日はそのままで、
日付だけ1日、進むんです。

あとは…

 20時半まで戻す ⇔ 深夜0時を超えさせる

を、必要な数繰り返して
日付を合わせます。

すっごい力技…!


そして、最後に時間を合わせれば
完了です。


デイデイト表示を実現した
初期の時代のモデルだから
こういうことになってるんですね。

でも、確かに面倒くさいけれど
こういう作業、面白いですね!

今の時代の時計にはない
不便さが、なんだかいとおしく
なってくるような気がするんです。

良いもの、手に入れました!

●ベルトを磨こう!2020年06月25日 22:00


RADOのゴールデンゲート。

昨日は、本体を磨いたので
今日は、ベルトを磨きますよ!


いつもは、最初に
超音波洗浄機にかけるんですが…

今回は、先に
金属研磨剤・ピカールで
表面の小傷を消しながら
磨いてしまおうかと。

磨いたあと、ざっと
水洗いしてから…

中性洗剤を溶かした
お湯を投入して
超音波洗浄機、オン!


15分くらいすると…

おおお、汚れが
堆積してますね!

RADOの純正ベルトは
コマが細かいので、
隙間に汚れが堆積
しやすいのかも。

隙間に入り込んだ
ピカールも落とせたようで
だいぶ、水も濁ってますね。


明日は、ベルトを装着したり
仕上げたり、ですよー!

●本体を磨こう!2020年06月24日 22:00


ヤフオクで手に入れた…

RADO・ゴールデンゲート。

この時計は、1960~70年代に
製造されたものらしいんです。

わたしよりも年上なんですが
その割には、きれいに
保たれてるんじゃないかと
思います。

ベルトを外して、今日は
本体を磨きますよ!

まずは、小傷を消すために…

リューターにフェルトの
ビットを取り付けて、
金属研磨剤・ピカールを
塗布しつつ、ギュイーン!と。


仕上げは…

金属研磨剤・ピカールを
綿棒にとって、手磨きです。


そして風防は…

こちら。

今のところ、このポリウォッチを
塗布して、手磨きする方法が
一番、きれいになると思っています。

プラ風防は、大体これで
ピッカピカです。


明日は、ベルトを磨きますよー!

●ゴールデンゲート!2020年06月23日 22:00


実は先日、久しぶりに…

古い時計を手に入れましたよ!
RADOの、ゴールデンゲートです!

わたしがチェックしている限り
今まで、一度もヤフオクに
出ていなかったモデルでした。

文字盤、全体的に
劣化が見られるんですが、
劣化の仕方が均一で
雰囲気がとてもいいので
気に入ったんです。

特徴的な、コマの細かいベルトも
バックルも、RADO純正。

もちろん裏蓋の彫刻も
しっかりしてますよ!

全体的に、小傷はありますが
磨けば消せちゃうレベルです。


ちょうど、ヤフオクで使える
クーポンや、Tポイントが
あったので、フル活用して
10,000円をきった感じ。

わたしにしては
ちょっとお高めでしたが、
いい機会だし、彫刻作ったし
定額給付金が出たし!

…ということで、思い切って
落札した次第です。

明日から、磨きますよー!

●15日のワイアード!2020年04月20日 22:45


15日の早朝ドライブの
お供に選んだのは…

セイコーの、ワイアード。

明るいデザインで
さわやかな印象です。


実のところ、文字盤の中の
要素が、ほぼ同系色なので…

視認性は、あまり
良いとは言えないと思います。

とはいえ、クロノグラフに
視認性を求めるのも
どうかと思うんです。

わたしは、クロノグラフには
なんだかすごいことが
たくさんできそうな、
ゴチャゴチャ感を求めたい!

そう考えると、この
ワイアードは、わたしが
クロノグラフに求めている
要件を満たしている
いい時計だと思います!


それに…

この、左右の留め金をつまんで
着脱するタイプのベルトは
とっても、使い勝手がいいです。

時計のベルトって、あまりにも
ぴったりした長さに調整しておくと
着けるときに、皮膚を挟んで
痛い痛い…なんてことになります。

でも、このタイプのベルトの場合
留め金を、真上からかぶせるように
取り付けるので、皮膚を巻き込む
ことなく、スムーズに着脱できます。

なので、ピッタリの長さに
調整しやすいんです。


そんなわけで、着け心地
とっても良かったですよ!

MTのシフトチェンジ操作を
しても、微動だにしませんでした。

文字盤デザイン、かっこいいですし
この時計も、ドライブとの
相性がいいと思います!

●ブヴルガリ…!2020年04月15日 22:30


今日は、発注していない…

お荷物が届きました。

中身は…

おおお!

メープル君彫刻のご依頼主が
プレゼントを送ってくださいました!

どうもありがとうございますー!

ねこさんに大人気の
「ちゅ~る」2種類。

そして、コロナウィルス対策に
ありがたい、除菌ウェットティッシュ!

こういうの、今
手に入りにくいんですよね!

どうもありがとうございます!


そして、左の
エアパッキンに包まれたもの。

開けてみたら…

おおおおおおう?!
腕時計だ!

しかも…

なんと…!
ブヴルガリと書いて
ブルガリですよ…!

高級宝飾ブランドの
時計なんて、手にすることは
ないかと思っていましたが…!

なんというか、こんなに
素晴らしいもの、頂いて
よろしいんでしょうか…!?

実は、中身の爪が
破損していて、文字盤が
少し回っちゃってるんです。

でもこれ、たぶん
群馬の名工のお店に
持ち込めば、割と簡単に
直して頂けると思うんですよね。

今は動いていないですが
ムーブメントは、おそらく
日本製クォーツなので
電池交換で復活しそうですし!


折を見て、修理に持ち込んで
利用させて頂こうと思います。

すんごい代物を
どうもありがとうございますー!!


…あ、ところで。

わたし、彫刻制作の際は
制作前にお見積もりを提示するんですが
お客様にご納得頂くとともに、
わたしも納得して、制作を開始します。

わたしは、制作開始前の
お話のとおりの報酬が頂ければ
大満足ですので、どうかどうか
プラスアルファについては
お気になさらないでくださいませー!

●ニュートロニック!2020年04月03日 22:45


今日の、早朝ドライブのお供は…

ラドーの、ニュートロニック。

たぶん、わたしよりもちょっと
年上くらいの年代物ですが
機械式ではありません。

電池で動く時計ですが、
クォーツでもありません。

電磁テンプ式、という
絶滅して久しい機械が入っています。


機械式の時計は、ぜんまいで
リズムを作り出す、テンプという
パーツを動かします。

電磁テンプ式の場合は、
ぜんまいではなく
電磁石の要領で
テンプを動かすんです。

基本的には、機械式時計の
仕組みを使っていて、心臓部のみ
電気の力を借りる、という感じです。

電磁テンプ式時計が
絶滅してしまったのは
その後、開発された
クォーツ式時計に
ほぼすべての項目で
劣ってしまっているから。

精度はよくないし、壊れやすいし
電池の持ちが悪い。

おまけに、高コストです。


クォーツ式に、唯一
勝っているところは…

ロマン、かなぁ。


でも、ロマンって大事です。

特に、趣味なら最重要視すべき!


そんなわけで、わたし
この時計、とっても気に入っています。

群馬の名工と呼ばれる
時計職人さんに直して
頂いたので、とっても調子がいいですし
精度が悪い…と聞いていたんですが
いえいえ、もう1か月以上
時間を合わせていないですが
おおきなズレがないですよ。

デザインも、独特の世界観で
きらびやか。

身に着けていると、なんだか
上品な気分になれるような
気がするんです。

もちろん、FTOを運転するときの
パートナーとしても、優秀でしたよ!

●ゾディアック、完成!2020年03月05日 22:15


しばらく前から、磨いてた
ゾディアックの腕時計。

途中で、展示会の準備を
優先したり、単純に
作業するのを忘れちゃったりで
だいぶ、時間がかかりましたが!

本日、ベルトの組み立てと
仕上げ磨きをして
ようやく完成しましたよー!

こんな感じです!

おおお、良いじゃないですか!
とってもカッコいい…!

お洒落…ではないかも
しれないですが、男の子向けの
わかりやすい、直球の
カッコよさです。


ちなみに、この時計
なかなかのデカさです。

ケースの横幅、
龍頭まで含めて、48mm。

手首を、ワシっとつかんで
離さないような、がっちりとした
着け心地なんです。

文字盤の中も、今風では
ないかもしれないですが、
わたしの好みの、どまん中!

金属光沢に、赤×黒の配色。

そして、文字盤基部
実は、カーボン織のような
模様が入っています。

本物カーボンかどうかは
不明なんですが、まさに
車のメーターそのもののようで
気分が高まります。

龍頭にも、ゾディアックのロゴが。

ケース、厚みもなかなかのもので
洗練された美しさ…というより
ガッツリ存在感を主張する
タイプですね!

クロノグラフ機能が
付いているんですが、
使い方は…?

…良いんです。
日付と時間さえわかれば。

分刻みのスケジュールで
暮らしてるわけじゃないですし。

ベルトの造りも、ガッチリです。

コマの一つ一つが大きいし
厚いです。

だから、手首が太いバングルで
固められてるのに近い
感覚だったりするんですが、
駒の動きは、スムーズなんです。

金属が厚いから、たわむことが
ないんですね。

ガタやブレが皆無で
動くべき方向にしか動かない。

信頼性の高さを感じました。

裏ブタも、カッコいいですよねぇ…!

この腕時計自体が
レースカーをモチーフとして
デザインされています。

文字盤は、メーター。

ベルトは、タイヤのトレッドパターン。

そして、裏ブタはホイール。

FTOを運転するときに
装着するためにあるようだ…!


そんなわけで、この時計
わたしの中で、かなりの
お気に入りです。

クォーツ式だから
メンテナンスも、それほど
気兼ねなく使えますし、
この時期、長そでを着てても
存在感を主張できる大きさ、
これ見よがしで、良いんじゃないかと!

素晴らしい逸品を手に入れました!


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう