のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●燃料添加剤、おすすめ!2016年10月06日 22:00



しばらく前に買って
ずーっと、試したかった
燃料添加剤。

ガソリンに溶かして
利用するタイプなので、
それなりに、給油してからじゃないと
入れられないんです。

…というか、せっかくなので
最初くらい、推奨される
ガソリン量との割合で
試してみたいと思って
早朝ドライブでガソリンを消費しながら、
給油のタイミングを計っていました。

で、昨日の早朝にやっと
給油、してきたんです。


ちなみに、燃料添加剤は…

こんな感じ。
ワコーズ、というメーカーの
商品です。

青いのは、しばらく前から
何度も使っています。

燃料ラインをクリーニングする
成分が入っているんです。


今回初めて試すのは、赤い方。

こちらは、青のクリーニング機能に
加えて、ガソリンの燃焼を促進させる
成分による、パワーアップ効果が
あるんだそう。


さて、体感できるだろうか…

朝5時ちょっと前のドライブは、
まだまだこんなに、暗いです…!

30リットル給油して…

赤ボトル、一本。

25~50リットルで一本、が
推奨範囲なので、結構
割合、高めです。

その方が体感、できるかな!

一緒のコースを走った方が
わかりやすいので…

いつもの、赤城山の裾野を
ちょっと上って、降りてきました。

そして、前橋駅の北口を通って
帰宅です。

ちょうど一時間くらいのドライブ。

何かしら体感できるものが
あったか、というと。


…これがねぇ。
確かに、あったんです。

まず、エンジンのクリーニング機能
については、しばらく走ったあと
信号待ちで停止したときに、
実感できます。

アイドリングが、とっても静かで
安定しています。

エンジンの振動や嫌な騒音、
伝わってこないんです。

そして、家についてから
マフラーから出る、排気ガスの
においをかいでみると
排気ガス特有のにおいが
軽減されています。

クリーニング機能は、青ボトルと
同じ効果を、発揮しているようです。


では、パワーアップはというと。

今回のコース、行きは上り坂がたくさん。

信号待ちや一時停止のあと
坂道発進を余儀なくされる箇所が
多々あります。

それが確かに楽、でした。

わたしのFTO、フライホイールという
部品が、軽量化されています。

フライホイールが軽くなると、
エンジン回転の上がり方が鋭くなって
アクセル操作に対しての反応が
とっても良くなるんです。

反面、エンジンの回転落ちも
急激になります。

だから、発進時などで
クラッチ操作とアクセルの踏み方を
同調させるのが、通常よりもシビア。
慣れないと、エンストしやすくなるんです。

つまり、坂道発進。
急な坂だと、結構どきどきなんです。

でも、そのあたりの操作が
いつもよりもスムーズ、というか
意識しないで自然に操作できました。


走ったのが公道なので、
急発進やら高速巡航などは
試しませんでした。

でも、カーブや交差点で
大きく減速してから再加速するとき、
いつもだったら、ギアを一段落としてから
加速するところ、ギアを変えずに
そのまま加速しても、ストレスなく
ギクシャクすることもなく、走りました。

このあたりは、市街地を走っていても
十分に、改善が実感できそうです。


そして、あとは駐車。

わたしの駐車場は…

ほぼ、車幅と同じくらいの
開口スペースから、バックで
少し坂を上りながら
斜めにねじ込む、という感じで
なかなかに、難解なんです。

いろんなところ、ぶつけないように
見回さなくちゃいけないし、
のろのろしてたら、道を走ってる
車に迷惑だし。

だから、パワーに余裕があって
クラッチ操作が少しラフになっても
ものともせずに動くかんじだと
非常に、楽になります。

そういう点でも
ありがたみを感じました。


つまり、サーキットに走りに行く、とか
高速道路を走る、とか、
そういうシチュエーションではなく、
普通に公道を走るだけでも、
十分に、恩恵をこうむれるんじゃ
ないかと思います。


車用の、こういう薬剤って
怪しいもの、多いんですよね。

マイナスイオンがー、とか
波動の力でー、とか
静電気の流れを変えることでー、とか。

でも、この燃料添加剤は
そういう商品ではないです。

しっかり、効き目があります。

実のところ、燃料の通り道を
定期的に掃除することって
とっても大事です。

特に、わたしのFTOのように
製造から20年近く経つ車であれば
いろんな汚れが堆積して、
燃料が流れにくくなっている場所が
あったりも、するもの。

それをきれいにすることで、
本来の性能を取り戻す、というのが
クリーニング機能の、役割です。

古い年式の車であればあるほど、
効果が実感、できると思います。

逆に、買ったばっかりで
まだまだ燃料ラインがきれいな
新車では、効果の体感は
薄いかもしれません。

でも、パワーアップ機能については、
車の年式を問わず、新しい車でも
十分に、実感できると思います。

ちなみに、クリーニング機能だけの
青ボトルは、1,700円くらい。

クリーニング&パワーアップの
赤ボトルは、3,200円くらいが相場。

ちょーっと、高いですけどね。

でも、毎回入れるものでも
ないですし。

とりあえず、まずは一回
試してみることを、おすすめしますよ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2016/10/06/8216542/tb


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう