のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●いろいろシフトノブ!2016年09月09日 22:00



この間、嬬恋ラリーを
見に行ったときに、
sparcoのシフトノブを
2つ購入したことで…

シフトノブコレクションが、
こんなに増えました。

これはMT用の、です。


わたしは、運転することも
もちろん好きなんですが、
車をいじることも、好きです。

車をいじる、といえば
基本、パーツを交換することが
主になってきます。

でも、車もパーツって
高価なんですよねぇ…!

そんなに、ホイホイ買えるものでは
ないですし、さらに、自分では
おいそれと取り付けられない
ようなのも、沢山です。

そんな取り付けをショップにお願いすると
さらにお金、かかっちゃったりします。


だとしても、何かしらを変更して
楽しみたい…!

と思ったとき、シフトノブの交換って
ちょうどいいんですよね。

大抵は、大人のお小遣いで
買えるくらいのお値段ですし、
自分で交換、できますし。

さらに、運転するときに
頻繁に触る場所だから、
換えた後、存分に楽しめるし、
前との違いも、わかりやすいし!

…そんなことしてたら、
こんな感じで、増えちゃいました。


特に、気に入っていたのがこれ。

momo製 SPHERA AIRMETAL

真ん中あたりに、ヨロヨロって
書いてありますけど、
本来は横書き。

「momo(モモ)」です。

手のひらがあたる場所、
細かい穴が、沢山開いています。

この穴のおかげで、
触った感触がとても良いですし
滑りにくくもなります。

さらに、指先が触れる場所は
黒の本革。

とても高品質ですし、
球形だから使いやすいし。

このシフトノブは
長く利用しました。


でもこのシフトノブ
ちょっと、軽めなんです。

もう少し重い方が、
シフトの入りが良くなって
気持ちよく操作できるんじゃ
ないかなぁ、と思って
いろいろ探してみた結果、
現在は、これに落ち着いています。

トミーカイラ製 ヘビーベイビー

これ、手のひらにすっぽり収まる
サイズなのに、530gもあるんです。

すっごいですよねぇ…!

市販されている中では
間違いなく、最重量級です。

これより重いのが必要なら
特注しないと、だと思います。

でもこれ、重いだけではなくて
中央の赤い亀が「七宝焼き」で
作られていたりと、デザインも
凝っています。

形も良いですし、純正のシフトノブと
同じ方法で取り付けられるように
作ってあるので、確実です。

使ってるうちに緩んできちゃう、
なんてことは、いままでに
一度もありません。

そんなことで、長く使っています。


いいものなのでおすすめ!

…ではあるんですが、ちょっとだけ
注意点もあったりします。

FTOのように、ミッションと
シフトノブが、ワイヤーで繋がっている
構造であれば、特に問題はないんです。

でも、多くのFR車のように、
ミッションとシフトノブが、ロッドで
繋がっている構造の場合。

あんまり重いシフトノブを
つけちゃうと、力の逃げ場がなくて、
ミッションに、負担をかけてしまうかも。

絶対壊れる、ということではないんですが
そんなことがあり得る、という認識で
いた方がいいかもしれません。


ところで、わたしは
FTOを、オートマで購入しました。

購入後、やっぱりマニュアル車に
乗りたくなったので、トランスミッションを
オートマから、マニュアルに
載せ換えたんです。

オートマのときも、シフトノブ
交換していたんですが…

これだけ。

当時、オートマ用のシフトノブって
あんまりいいの、なかったんです。

プラスチックに、木目の絵が
印刷されてるようなのしか
売ってなかったんですよねぇ…。

そんな中でも、これは、良かった!

momo製 AUTOMATICO

しっかり金属製で、黒本革巻きで。

上のボタンの作動も、
スムーズかつ確実。

純正のノブよりも出来が良かったのは
これだけ、でした。


やっぱり、シフトノブって
気になる部品ですよね!

ヘビーベイビーに取って代われる
素晴らしいシフトノブ、
今後、出てくるだろうか…?!

期待したいです!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2016/09/09/8177256/tb


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう