のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●正面が美しい選手権2016年04月06日 22:00



Twitterで、ツイートを共有しやすく
するための、ハッシュタグに

 #車の正面が美しい選手権

というのを発見したので。


FTOの正面…

わたしは当然、
カッコいいと思っています!


FTOは、大きく分けて
二種類の顔があります。

わたしのは、発売当初の
前期型の顔。

鼻先に、楕円のグリルがついていて
その下にもう一段…

ラジエーターの下あたりを通る
細い空気の取り入れ口があります。

実はこの、細い入り口の
向かって右の方の穴が、
エンジンの空気取入口に
直結しているんです。

昔、ラジエーターに、
たくさん空気を当てるために、
ナンバープレートを
左右どちらかに移設するのが
流行った時期がありました。

FTOで、それをやるときは
必ず運転席側に移設、です!


グリルの横には、フォグランプと
ウィンカーが一体になった
ライトユニットがついていて…

それが、ほっぺたみたいな
感じに見えて、ねこのような
ウーパールーパーのような
愛嬌のある顔。

それが、とても気に入っています。


ちなみに、後期型の場合は
鼻先のグリルが下まで
拡大されて、より多くの空気が
ラジエーターに当たるように
なっていたりします。

フォグランプとウィンカーも
ひとつずつの丸に分かれて
スポーティでカッコいい印象に
なりました。


実は、わたしがFTOを購入した
1997年が、前期顔と後期顔が
変わる時期、でした。

当然わたしも、購入するタイミングで
どういう風に変わるか
知っていたんですが、
あえて、前期型を。

顔が好みだったのと、
良い足がついた限定車が
売っていたので、即決でした。


FTO、発売当初は
奇抜なデザインの車扱いでしたが
今の時代になってみると
逆に、奇をてらったところがない
端整な造形だと思います。

ライトやグリルなどの形も、
丸みを帯びていて、
やわらかい印象ですし。


もう、10年近く前に…

ツートンだったときの写真を見ても
今のカローラより、かわいく見えます。


最近の車、ずいぶんととんがった
デザインが多くなりましたね。

ライトなんて、いろんな方向に
尖っていて、吊り目でにらんでいるよう。

口の周りには、牙が生えてる
ようなのも、ありますね…。

わたしはもっと、丸っこいのが
好きだなぁ…!


…もちろん、好みは人それぞれ。

でも最近は、ひとつのデザインが流行ると
みんなで、その方向に向かっちゃう感じです。

尖ったのも、丸いのも、四角いのも
いろいろな選択肢があるのが
一番なんですが。

…やっぱり、難しいのかなぁ?

コメント

_ どうらやまと ― 2016年04月06日 18:41

鋭角的・尖ったデザインもかっこいいんですが見ていて疲れるときがあります。後ろから迫ってきたときに好戦的に思えます。
・・・本来は通勤時に疲れる部分は事故防止のため減らしたいなあ、と個人的には思います(もちろん個々の嗜好はありますから個人的にということでw)

_ のら2ゃんれい ― 2016年04月06日 20:00

やっぱり、見た目の好みは
人それぞれ、ですもんね!

でも、最近はひとつのデザインが流行ると
みんな、そっちの方向に足並みを
揃えちゃう感じなんですよねぇ…。

尖がったのもあれば、丸っこいのもある、
そんな風に、選択肢が広いのが
一番、望ましいですよねぇ…!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2016/04/06/8066339/tb


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう