のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●実は、中期型!2015年04月09日 22:30



Twitterで、ツイートを共有しやすく
するための、ハッシュタグに

 #車のフロントが美しい選手権

というのを発見したので。


FTOのフロントビューです。

こちらは、現在。

こちらは、白黒時代です。

ちょっとウーパールーパー
みたいな感じがしますけど、
低く構えた面構え、カッコ良くて
気に入っています。


FTO、後期型になると
フロントマスクが、精悍になります。

まず、ヘッドライト下にある
フォグランプユニットが
変わるんです。

わたしのは、横長で
ウィンカーとフォグランプが
一体化された形。

でも後期型は、丸が二つ
並んだ形になります。

そして、わたしのFTOは、
口が横に長く、2段に分かれて
開いていますが、
後期型は、大きな口を
ひとつ開けている感じ。

その他、巨大リアウイングも
付いて、どちらかというと
後期型は、レースで速そうな
ルックスになっています。

でもわたし、個人的には
ウーパー顔の、可愛さを
隠してるところが
気に入っていたりします。


ところで、わたしのFTO。
前期型、ではないんです。

実は、中期型です。

おそらく、FTOに
中期型なんてのが
存在すること自体、
ほとんど知られていません。

前期型は、ウーパー顔。
後期型は、レーサー顔。

詳しい方でも、そんな認識です。

でも。

 ●前期型
  平成6年10月~平成8年1月
  ウーパー顔

 ●中期型
  平成8年2月~平成9年1月
  ウーパー顔
  全グレードエアバック装着
  廉価スポーツグレード「GP」追加

 ●後期型
  平成9年2月~生産終了まで
  レーサー顔
  リアウイング巨大化
  スポーツグレード「GP VersionR」追加

この他にも、エンジンが
若干パワーアップしたり、
グレードが統廃合されたりが
ありますが、分かりやすい違いは
こんな感じです。

で、わたしの車は、中期型の
「GP VersionR」というグレード。

後期型では、一番の狙い目と
言われているこのグレード、
実は、中期型で追加されたんです。

でも、正式にラインナップされた
グレードではありませんでした。

廉価スポーツグレード
「GP」をベースに、上級グレードに
ついている、スポーツ走行に
適したパーツを付加した、
台数限定の、特別仕様車だったんです。

でも、これが好評だったらしくて、
後期型では、正式なグレードとして
定着したとのこと。

なので、わたしのFTOに付いていた
取扱説明書。

一枚、殺風景な紙が
付いてます。

ホイールのサイズが「GP」よりも
大きかったので、その注釈です。

中期型、なかなか良いですよ!
安全装備が充実して、
パワーもあって、車重が軽い。
見つかれば、狙い目だったりします。

わたしの場合、中期型ならではの良さ、
ほとんど関係なくなっちゃいましたけど…。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2015/04/09/7607951/tb


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう