のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●FTOの排気系2014年07月09日 00:05

FTOの排気系


※ちょっと専門用語が多めの記事です。
  とっつきにくくて、ごめんなさい。

今日も、FTOの復旧作業、続けています。

でも、粘土彫刻が佳境に入ってきたので、
ちょっとそちらを優先している状況です。

なので、今日はちょっと
わたしのFTOの排気系パーツの
変遷について、書いてみたいと思います。

純正エキマニ +
中谷チューンマフラー
   ↓
クリエイティブスポーツエキマニ +
中谷チューンマフラー
   ↓
クリエイティブスポーツエキマニ +
フジツボレガリスR
   ↓
クリエイティブスポーツエキマニ +
5ZIGENファイアーボールProRacerAspec
   ↓
プロショップイイダエキマニ +
5ZIGENファイアーボールProRacerAspec
   ↓
プロショップイイダエキマニ +
アイレーシングSIMマフラー

わたしのFTOは、レーサーの中谷明彦さんが
プロデュースした「NAKAYA TUNE」モデルです。
なので購入時から、VARDY SPORTS製の
「中谷チューンマフラー」が付いていました。
このマフラーは、本当に良かった。
フオーンと甲高い、気持ち良い音がしました。

そしてマフラーはそのままに、エンジンからの
排気ガスを直接流す管である、
「エキゾーストマニフォールド(エキマニ)」を
クリエイティブスポーツ製に変えました。
これ、性能は申し分なかったのですが、
音が一気に重低音になってしまいました。

その後、気に入って長く使っていた
中谷チューンマフラーが劣化してしまって
泣く泣く交換せざるを得なくなりました。
それで、フジツボのレガリスRに変えました。
これについては、あまり印象がなかったです。
可もなく不可もなく。

それで、もうちょっと刺激が欲しいと
購入したのが、5ZIGENファイアーボール
ProRacerAspec。長い。
初の、シングル出し砲弾型マフラー。
これは、物凄く強烈でした。
おっそろしい重低音が、下から上まで響く。
ご近所から白い目で見られるのには
十分すぎるレベル。
出口にサイレンサーをつけて、消音してました。

その後、エキマニをプロショップイイダ製に
変更しました。
このエキマニ、今も使っていますが、良いものです。
FTO独特の、高音で甲高い排気音が戻りました。
性能も申し分ありません。
このエキマニと5ZIGENマフラーを
組み合わせて、6000rpm以上回したときの音は、
フェラーリとは言わないまでも、そういう車に近い、
浮世離れした音がしました。

でも、あまりにも年甲斐も無いので、
マフラーをアイレーシング製の静かなのに変更。
一気に大人しくなりました。
この組み合わせ、普通に走ってる分には
無改造車と変わらないくらいですが、
回したときは、気持ちの良い高音を奏でます。
FTO購入したての頃と、同じくらい静かで、
高音はより強調された感じ。
行き着くところに行き着いたようで、
満足しています。

…という感じで、部品をとっかえひっかえして
現在に至ります。

エキマニは、作っているメーカーが
撤退してしまって、今はプロショップイイダ製
一択になってしまいました。
でもこれはいいものなので、おすすめです。
そうそう、写真はクリエイティブスポーツ製の
エキマニです。

マフラーについては、色々な会社から
発売されています。
なので、わたしよりもっと魅力的な組み合わせが
あるかもしれません。

車を改造しようと思ったら、排気系は
結構、早い段階で手を出す部分です。
皆さんのおすすめがあったら、
教えてくださいね。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2014/07/09/7383518/tb


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう