のらにゃんとひろのそうさくこうぼう

●だるまねきねこ追加・12021年02月16日 21:45


現在開催中「とひろ展」の会場で
販売するために作った
だるまねきねこ。

おかげさまで、3体中2体が
売約済となりました!

ということで、せっかくですから
会期中に追加制作して販売しよう!

ということで…

すでに、石膏状態になっている
2体を完成させますよ!

左は、型から抜いたときに出来た
バリをとった状態。

右は、バリ付きの状態です。


実は今回、シリコーンゴムで
型を作って、石膏を流し込むのが
初めての経験でした。

で、石膏を購入するときに

 ・安いもの
 ・平均的なもの
 ・高いもの

があったんですよね。

初めてなので、まずは
平均的なお値段の石膏を使って
制作したんですが、一つだけ
高級な石膏を使ってみたんです。

どんな違いが出るのか
楽しみだったんですが、
実のところ、型から抜いたときの
表面のなめらか、のような
目に見えるところには、
それほど違いはありませんでした。

見るだけでなく、触ってみても
おそらくは、言われなければ
ほとんどの人が、同じ石膏を
使ってると思うはず。


ただ…

持ってみると、誰にでもわかる
違いがあります。

こちらは、平均的な価格の
石膏で作った、だるまねきねこ。

古いはかりなので
くすんでて、ちょーっと
わかりにくいですけど
1.3kgくらいですね。


で、高級な石膏で作った
だるまねきねこは、というと…

おおお、2.3kg!

もちろん、同じシリコーン型から
作ったんですから、大きさは
まったく同じです。

なのに、1kgも重い…!

おそらくは、密度が濃くて
ギュッと詰まった感じなんでしょうね!


…ただ。

この重さが、プラスに働くことは
なさそうな気がします。

持ち運ぶにも、ちょっと
抱っこしてみようかな!…なんて
思っていただいたとしても
重すぎるでしょう…?

わたしでも重いんですから
女性が持ったら、さらに
違和感を覚えるんじゃないかと。

1.3kgでも、ずっしり感は
十分に感じられます。


実は、しばらく前に
シリコーン型から抜いた…

全6体の内訳は、

 平均的な価格のA社の石膏製 × 3
 平均的な価格のB社の石膏製 × 2
 高価格なC社の石膏製 × 1

でした。

すでに完成して販売中の3体は
A社の石膏製。

今回制作する2体は、
B社の石膏製。

なので、一番重いC社の石膏で
作っただるまねきねこは、
次回以降、型を取りなおすときに
利用しようと思います。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2021/02/16/9347882/tb


のらにゃんとひろのそうさくこうぼう