のらにゃんとひろのそうさくこうぼう

●CE28、装着完了!2020年09月28日 22:15


日頃からお世話になっている
ショップで、組み換えをして頂いた
タイヤ&ホイールを持ち帰ったら
あとは、FTOに装着です!


…と、その前に。

市販最軽量アルミホイールの
呼び声高い、CE28。

今までのホイールに比べて
どれだけ軽くなるのか
計量してみましょう!


まず、昨日計った
スパルコホイール&DBRの
組み合わせは…

16.6kg。

組み替え後の、CE28&DBRの
状態で計ってみると…

13.8kg…!

おおお、1本で
2.8kgも軽くなるんだ…!

タイヤは同じDBRな
わけですから、差分は純粋に
ホイールの重量差、ですね。

この組み合わせは
リアに装着します。


そして、フロントに装着するのは
CE28&PROXES R1Rの
組み合わせ。

PROXES R1Rは、新品の
ハイグリップタイヤです。

この組み合わせの重量は…

15.4kg。

実は、ハイグリップタイヤって
一般的なタイヤよりも
構造が強固だったりもするため
重くなるんです。

ホイールは、同サイズのCE28なので
DRBと、R1Rのタイヤの重さの違いが
1.6kgある、ということなんでしょう。

…とはいえ、今までフロントに
履いていた、17インチホイールと
POTENZA S001の組み合わせの
重量を計ってみたら…

18.2kgもある…!

フロントは、18.2kg - 15.4kg = 2.8kg

こちらも、リアと同じく
1本あたり、2.8kgも
軽くなるんですねぇ…!

どちらも、想像以上の
軽量化なりましたよ!


というわけで、早速
取り付けの作業を。

取り付ける前に
ブレーキ周りやハブボルトなどを
パーツクリーナーで洗浄して
ごみを挟まないようにします。

そして、ホイールの内側に
バリアスコートを吹いておきます。

そうすると、ブレーキダストなどが
付きにくくなって、汚れに
強くなるみたいですよ!

装着、完了!

お、ホイールピッカピカ
良いですねぇ…!

17インチから、16インチへの
インチダウンをしたので
やっぱり、見栄えとしては
大人しくなりますね。

とはいえ、この状態
外連(けれん)味のない渋い外観
…とも表現できるのではないかと!

フロントは、ブレーキローターと
ホイールの隙間が狭くなって
見た目のバランスは
良くなったんじゃないかと。

リア、実は今までより
2mmほど、外に張り出しています。

なので、踏ん張り感が多少
強調されたのではないかと!


ちなみに…

ホイールの中心部分
なかなかカッコいいですね!

センターキャップは
正面が金色で、円周が銅色。

ちょうど、FTOのボディカラーと
似ていたので、なんとなく
親和性が高いのではないかと。

そして、クロモリ製ホイールナットの
色と形、そして頭の出具合も
ちょうどいいと思います。

このクロモリ製ナット、
締める工程で、塗装が
一切、剥がれなかったんです。

ナットの塗装って、締めるときに
かなりの力がかかるから
塗装が剥げるのなんて
当たり前だと思ってました。

実際、今まで使っていた
ジュラルミン製ナットなんて
買ってきて、初めて締めたときに
いきなり剥げましたから…。

この、クロモリ製ナットの塗装
だいぶ丈夫みたいですよ!

また、全体をくまなく眺めて
感じたんですが、ちょーっと車高
高いですかね…?

タイヤハウスと、タイヤの間に
指が2本、余裕で入ります。

今まで、17インチで大きなタイヤを
入れるために、少し高めに
調整していたんですが、
16インチ戻したわけですし
もう少し、無理なく公道を
走行できる程度、車高を落としても
いいかもしれないですね。


とはいえ、まずは試運転!

明日は早速、早朝ドライブに
出かける予定ですよ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2020/09/28/9300165/tb


のらにゃんとひろのそうさくこうぼう