のらにゃんとひろのそうさくこうぼう

●CE28、仮装着!2020年09月23日 22:15


今日は、晴れたかと思ったら
雨が降ったり曇ったり、
なかなか、目まぐるしい天気でしたが
雨の合間を縫って…

この間手に入れたホイール
CE28を、FTOに仮装着してみました!

いいですねぇ…!

シンプルで無駄のない
細い10本スポークデザイン。

アルミ鍛造なので
軽量かつ高剛性です。

17インチから16インチへの
インチダウンになりますが、
ブレーキ周りのスカスカ感が
なくなって、逆にカッコよく
なったんじゃないかと!


ちなみに、そのまま装着すると…

ブレーキキャリパーとスポークとの
クリアランス、こんな感じです。

小指の先っぽが
ちょっとだけ入る感じ?

なので、おそらくは
5mmくらいかと。

ブレーキキャリパーの外側は
動くものではないので
それだけクリアランスがあれば
十分だと思いますが…

5mmのスペーサーを
噛ませてみると…

あ、やっぱり安心感が
ありますね。

指が差し込めるくらいの
クリアランスがあると。

実際に装着するときは
スペーサー、入れてみようかなぁ…?


考えてみると、ホイールの
いわゆる、ツラ合わせにも
関わってきますもんね。

ホイールとタイヤは、ボディ
ギリギリまで、ぴったりと
張り出している、ツライチ状態が
カッコいい!…とされています。

わたしは、そこまで厳密なこだわりは
ないんですが、いつでも車検を
パスできるくらいの余裕は
持たせつつも、ギリギリに
近いところまで届いていた方が
カッコいいと思います。

今までは、まさにそんな感じだったと 思うんです。


それでは、せっかくなので
CE28に変えることで
ホイールが、どのくらいボディの中に
引っ込んじゃうのか、計算してみよう!

今まで履いていた17インチホイールは
7.5Jというリム幅(厚み)で
オフセットが、+30。

今回のCE28は、16インチで
7Jのリム幅、オフセットは+33。

まず、オフセットが+30から
+33になる、という時点で
3mm分、引っ込むことが確定。

+の数値が多い方が、引っ込むんです。

さらに、7.5Jのリム幅が
7Jになるので、0.5J分
幅が狭くなります。

ちなみに、リム幅の数値の単位は
インチなんです。

 1インチ = 25.4mm

なので、0.5Jは12.7mm。

そして、0.5J分は
両端から、0.25Jずつ
均等に減る感じです。

なので、引っ込む量は
12.7mmの2分の1で
6.35mm。


つまり、オフセット分を考慮すると

 3mm + 6.35mm = 9.35mm

今までより、約1cmほど
ホイールが引っ込むことに
なりそうです。


…なるほど。

だとしたら、5mmのスペーサーを
噛ませると、引っ込む量が
4.35mmに抑えられるわけですか。

ブレーキキャリパーと
スポーク間のクリアランスも
+5mmで安心ですし、
スペーサー、挟んでもいいかな?


ちなみに、ホイールを取り付ける
ハブボルト。

スペーサーを入れないと
2cm、ナットを締めることができます。

なので、5mmのスペーサーを入れたら
ナットを締められる量が
1.5cmに短くなるわけです。

ただ、しっかりホイールを留めるのに
必要なナットの締め量は
1cmなんだそうですね。

まだ、0.5mm分余裕があるので
スペーサーを入れても
問題なく走行できそうです。


そんなわけで、実際に履くときは
スペーサーの利用も
検討してみようと思います。

コメント

_ イカさん(烏賊太郎) ― 2020年09月24日 14:36

おお、カッコいいですね(*^-^*)
僕もこのタイプのスポークの細いホイール大好きです
キャリパーとホイールのクリアランスかぁ
ノーマルのキャリパーやと無縁の話ですね
ボディからはみ出る出ぇへんは重要ですよね
僕も来月車検なんで、いっぺんいつものショップ行って
確認してもらわなければ
可能なら純正ホイールに戻す手間は免れたいです(^-^;

_ くすの とひろ ― 2020年09月25日 07:18

実は、このキャリパー
純正サイズのホイールに入る!
…ということで、購入したんです。

でも、純正「サイズ」に入るだけで
純正ホイールに入るわけでは
なかったんですね。

16インチの外周にはぶつからないんですが
キャリパーの厚みが、スポークに
ぶつかるんです。

それで、フロントの16インチ戻しが
出来なかったんですが、今回縁あって
キャリパーを逃がせるスポーク形状の
16インチホイールが見つかりまして!


イカさんのホイール、はみだしは
大丈夫のような気がします。

フェンダーから、糸につるした
重りを垂らして、ぶつからなければ
OK…的な感じで、調べることが
できるらしいですよ!

でも、キャンバーがついてる関係で
ここまではぶつかっちゃダメだけど
ここから先はぶつかってもいい…みたいな
決まりがあったような…?

なかなか、自分で試すのは難しいですよね。
やっぱりこういうとき、信頼できる
ショップさんがあると、いいですね!

どうか、純正ホイールに戻さずに
いけますように!

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2020/09/23/9298630/tb


のらにゃんとひろのそうさくこうぼう