のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●ゾディアック、完成!2020年03月05日 22:15


しばらく前から、磨いてた
ゾディアックの腕時計。

途中で、展示会の準備を
優先したり、単純に
作業するのを忘れちゃったりで
だいぶ、時間がかかりましたが!

本日、ベルトの組み立てと
仕上げ磨きをして
ようやく完成しましたよー!

こんな感じです!

おおお、良いじゃないですか!
とってもカッコいい…!

お洒落…ではないかも
しれないですが、男の子向けの
わかりやすい、直球の
カッコよさです。


ちなみに、この時計
なかなかのデカさです。

ケースの横幅、
龍頭まで含めて、48mm。

手首を、ワシっとつかんで
離さないような、がっちりとした
着け心地なんです。

文字盤の中も、今風では
ないかもしれないですが、
わたしの好みの、どまん中!

金属光沢に、赤×黒の配色。

そして、文字盤基部
実は、カーボン織のような
模様が入っています。

本物カーボンかどうかは
不明なんですが、まさに
車のメーターそのもののようで
気分が高まります。

龍頭にも、ゾディアックのロゴが。

ケース、厚みもなかなかのもので
洗練された美しさ…というより
ガッツリ存在感を主張する
タイプですね!

クロノグラフ機能が
付いているんですが、
使い方は…?

…良いんです。
日付と時間さえわかれば。

分刻みのスケジュールで
暮らしてるわけじゃないですし。

ベルトの造りも、ガッチリです。

コマの一つ一つが大きいし
厚いです。

だから、手首が太いバングルで
固められてるのに近い
感覚だったりするんですが、
駒の動きは、スムーズなんです。

金属が厚いから、たわむことが
ないんですね。

ガタやブレが皆無で
動くべき方向にしか動かない。

信頼性の高さを感じました。

裏ブタも、カッコいいですよねぇ…!

この腕時計自体が
レースカーをモチーフとして
デザインされています。

文字盤は、メーター。

ベルトは、タイヤのトレッドパターン。

そして、裏ブタはホイール。

FTOを運転するときに
装着するためにあるようだ…!


そんなわけで、この時計
わたしの中で、かなりの
お気に入りです。

クォーツ式だから
メンテナンスも、それほど
気兼ねなく使えますし、
この時期、長そでを着てても
存在感を主張できる大きさ、
これ見よがしで、良いんじゃないかと!

素晴らしい逸品を手に入れました!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2020/03/05/9221049/tb


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう