のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●けんちん汁・2018冬2018年11月10日 21:15



先日、近所のスーパーに
行ったら…

いつの間にか、里芋が
お求め安い価格に!

手ごろな大きさで、
しっかり中身がつまって
そうなのが、出てきました。


なので、今日は
けんちん汁を作りますよー!

けんちん汁、大好きで
何度も作っているので、
わたしが作る料理の中で
一番成功率が高くて
美味しいと思います。


材料が多いので
ご紹介は、3つに分けて!

まずは、根菜類。

そして、そのほかの具材。

豆腐は、普通のと
濃くて滑らか系の
2種類を用意します。

調味料と、今日の監督ねこは
こんな感じ。


まずは、具材の皮を剥いたり
切りそろえたりの…

下ごしらえ!

実は、ここまでするのに
1時間くらい、かかっちゃったり
するんです。

でも、その分調理工程は
それほど大変ではありません。


それでは、早速!

まずは、大鍋で…

普通の豆腐を、乾煎りします。

実は、けんちん汁作りで
この工程が、一番重要!

油は入れず、ダマになるまで
水分を飛ばすんです。


そしたら…

濃い滑らか系豆腐を
追加します。

これ系の豆腐は、ダマにならず
液体になります。


ここまでできたら…

あとは、残りの具をすべて
入れて、サラダ油も投入!

しんなりするまで
炒めたら…

水を入れていきます。

あとは、里芋が柔らかくなるまで
ことこと煮ながら、アクを取ります。

アクを取るときに
ちょっとだけ、注意を。

こんな感じで浮き上がってくる
白い泡状の、味見すると
わかるんですが、これ
豆腐汁です。

うまみが詰まっているので
捨てないようにしましょう。

アクは、写真下の方にたまってる
黄色いのや、灰色・茶色のような
色がついた部分です。


アクがとれたら…

だしを溶かします。

そして、調味料で味付け。

酒とみりんのアルコール分が
飛ぶと、味がまろやかになるので
それから、微調整するのが
いいと思います。


最後に…

ごま油をひと回ししたら、完成!

いい香りがしますねぇ…

そして、具沢山!


肝心の味ですが、
今回も、うまくいったみたい!

この汁の中には
体にいいものしか
入っていないような気が
するんです。

味噌汁とも、しょうゆベースの
汁物とも違う、言ってみれば
豆腐ベースの汁物です。

滑らかまろやかな
豆腐の風味と香りが
汁いっぱいに広がって、
煎り豆腐が、具に絡んで。

体が芯から暖まって
寒い季節でも、汗が出てきます。

いろんな汁物を
作ってきましたが、
やっぱりわたしにとっては
けんちん汁がナンバーワンです!


今回は…

以前頂いた、八味唐辛子を
ふりかけてみました。

山椒の風味と香りが
強めなんですが、これが
和風の汁に、よく合います。

もちろん、七味唐辛子や
唐辛子を発酵させて作った
新潟発の調味料「かんずり」も
相性がいいですよ!


美味しくて、体にもいい
けんちん汁。

具を切りそろえるのが
ちょっと面倒ですけど、
がんばった見返りは大きいです。

もしよかったら、ぜひ!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2018/11/10/8995338/tb

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう