のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●RAZO、良いですね!2018年09月03日 22:15



昨晩の雨、明け方まで残りましたが、
3時半頃、一度やみました。

5時になったら、道も
ある程度乾いてきたので
予定通り、早朝ドライブに
行ってきました!

ご覧のとおりの、セミウェット。

でも、これから台風が来る
らしいですから、今日を逃したら
出かけるの、だいぶ先延ばしに
なっちゃうかも知れないですし!


赤城山のふもとまで
たどり着いたら…

おおおお、霧が…!

なかなか、すごいことになってます。

でも、こういう雰囲気の中を走るの
そんなに、悪い気はしないというか
変にワクワクしてしまうのは、
わたしに未だ、子供っぽさが
残っているからかも。


そういえば、新しいタイヤに
換えてから、セミウェット路面を
走るのは初めてでした。

前輪・POTENZA S001 17インチと
後輪・TOYO DRB 16インチの組み合わせ、
ドライ路面と同じように、安心して
走ることができましたよー!

ちょっと天気が悪いけど、新県庁と
旧県庁、そして群馬県警の一部が
写真に収まりました。

無事、帰宅です。


そんなわけで、今日は…

RAZO(レッツォ)の、ローポジション
シフトノブを、お試ししてみました。

一時間強走ってみたところ、
これは、とってもいいですね!

今まで使った中で、総合的には
一番、印象が良いかも…?!


手のひらで、無理なく包み込める
大きさと、吸い付くような握り心地。

無駄に触っていたくなるような
魅力があります。


そして、シフトチェンジの
節度感が上がりました。

MOMOのときは、コクッと
音を立ててゲートに入りましたが、
RAZOのは、カチッとした
硬質の音と、感触です。

なんとなく、精密な機械を
操作している気がして
気分が盛り上がりました。

また、シフトノブの上下から
ナットを挟み込んで固定する
装着方法のすばらしさは、
運転の間ずーっと、堪能することが
できました。

まるで、シフトレバーと
シフトノブが、一体型の鍛造で
作られているかのような、しっかり感。

動かしていて楽しいし、
安心感がありました。

気になった点は、3速 → 2速に
入れるとき、慣れるまで
引っ掛かりを感じたこと。

シフトノブがローポジションになって
MOMOに比べてショートストロークに
なったので、最初、なんとなく
感覚がつかみにくかったです。

とはいえ、3回4回したら
すぐに慣れたので、大きな問題では
ないように思います。


また、操作が重くなったのも確か。

MOMO製よりも140gも重い
シフトノブ本体の重さが
操作のアシストをしてくれても、
ショートストロークになったことによる
操作の重さは、多少感じました。

ただ、微々たる差ですし
すぐに慣れちゃいましたから、
これも、大きな問題では
ないと思います。

結論として、このRAZOシフトノブ
わたしの手持ちシフトノブの中では
トップクラスの機能性と
操作する楽しさを兼ね備えて
いると思います。

まだ、ほかにもたくさん残って
いますが、最終的に装着することに
なるのは、これかも…?!

なんて思える逸品でした!


もちろん、シフトノブお試しは
まだまだ続きますよー!

次回は、台風明けに!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2018/09/03/8955493/tb

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう