のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●今までの方法だと…?2018年08月11日 22:15



FTOの、酷暑対策。

今夏は、ボディカバーを導入して
あれこれ、試しています。

昨日は、ボディカバーを
かぶせた状態だと、
外気温、37℃の状態で、
車内の温度、43℃になることが
わかりました。


以前の状態とは、だいぶ違うな!

…という体感はあったんですが、
せっかく数値が出てきてるんだから
前の状態の数値も測って
しっかり比べてみないと、ですよね!


そんなわけで、今日は…

今までの方法に、チェンジ!

ボディカバーをはずして
この間まで使っていた
サンシェードをつけてみます。

ボディはむき出しで、運転席以外の
窓がふさがれている状態です。


室内から見ると…

こーんな感じで、
つぎはぎだらけなんですが…

それでも、陽射しの侵入は
大雑把に防げています。


この状態で、温度を測ってみたところ。

わかりやすいことに、今日も…

外気温、37℃でした。

そして車内は、というと…

45℃、ですね。

ボディカバーをかぶせた状態より
2℃、高くなってました。

それと、やっぱり陽射しが
入ってきちゃう部分もあって、
そういうところの鉄板は、
熱くなってました。

また、シフトノブがほんのりと
温かくなっていました。

やっぱり、遮熱効果が高いの
体感だけでなく、数値的にも
ボディカバーのほうのようです。

それほど、大きく変わっては
いないんですが、これでさらに
雨風・ほこりが防げるのはありがたい!

冬の群馬は、空っ風で運ばれてくる
砂埃が、すごいですから。

そういうことにも、同時に
対策できるので、なかなかに
有用なんじゃないかと思います!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2018/08/11/8939595/tb

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう