のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●のらにゃん迫り来る影2018年08月04日 08:30



昨晩は、明け方に近づくにつれ
気温が落ち着いて、なかなか
快適に眠れました。


2ゃんも、しっかり
体力を回復できたかな?

しろくろさんは、早起きして…

階段の下を、ずっと見てる。

ピコッと、短い棒が立った
黒いのが、ゆっくりと近づいてきます。

くろねえさん、おはよう!

えーっと…

このくらいの距離でいいかな…?

OKですー。

●アルトさん箱発送!2018年08月04日 21:00



今日は、アルトさん箱発送の日です!

いつもどおり、2つの箱を
用意して…

小さい、丈夫な箱の中に
アルトさん箱を入れます。

それを、さらに大きな箱に入れて
さらに、旅のお守り
ハートチップルを同梱、ですよー!

そして、いつもの
クロネエヤマトさんへ!

到着は、明日夕方の予定です。

無事に着きますように、
どうぞよろしくお願いしますー!

●元気にレバニラ!2018年08月04日 21:15



なんだか、暑い日が続いて
何もしてなくても、体力を
消耗してしまいます。

なので…

元気が出そうなものを食べて
乗り切りたい!

豚レバー、半額品を
狙わなくても、お安めなので
助かります。

ちょうど、生きくらげが
売っていたので、一緒に
入れてみますよー!


そんなわけで、まずは
豚レバーの下ごしらえを。

まずは、水で軽く洗って
表面のぬるぬるを落としつつ
キッチンペーパーで、水気を取ります。

そしたら…

しょうゆ・酒・チューブのしょうがを
混ぜた汁に、15分くらい漬けましょう。

下味付けと、臭みを取る効果が
あります。

牛乳に漬けて臭みを取る、という
やり方もあるんですが、
豚レバーに、牛乳のにおいが付く
というのも、なんだか不自然な気が。

それだったら、下味をつけても
取れなかった臭みは、
豚レバーの個性、ということで
楽しむべきなんじゃないかと!

ほかの材料は、こんな感じ。


それでは早速、調理開始です!

まずは、漬け汁から出した
豚レバーに、小麦粉をまぶします。

そして…

ごま油で炒めますよー!

火が通ったら、一度器に退避します。

代わりに…

もやしと、生きくらげを入れて
炒めます。

焼き目が付いてきたら…

味付けを。

わたし、レバニラ炒めは
コショウガッツリ、が大好きです!


味が行き渡ったら…

レバーと

ニラを合流!


そして…

隠し味程度に、オイスターソースを
投入です。

あとは、ニラがしんなりしすぎない
頃合いまで火を通せば、完成!

おおお、いいじゃないですか!

シンプルかつ、スタンダードな
レバニラ炒め!

奇をてらったところは
ないけど、その分直感で
伝わってくるものがあります。


実際の味は、というと。

やっぱり、うまい!

豚レバー自体が、いい品
だったようで、そもそもの臭みが
少なかったんだと思います。

もちろん、豚レバーらしい
味と食感でしたが、
臭みだと思えるような味は
しませんでした。

豚レバーの個性を楽しめる
味に仕上がったと思います。


わたしは、どちらかというと
しょうゆ炒め、というよりは
塩コショウ炒め、として
仕上げたかったりします。

塩味は、中華スープの素で
代用しつつ、コショウたっぷり。

さっぱりしてるのに
インパクトがあって、おいしいんです。

オイスターソースは、隠し味と
して入れると、香りと味に
深みが出ますので、おすすめですよ!

そういえば、バカボンのパパも
レバニラ炒め、好きなんですよねぇ。

この定食を定期的に食べれば
酷暑な夏も、元気に過ごせるんじゃ
ないかと思います!

●クロ86彫刻制作・1432018年08月04日 21:30



今日の、クロ86彫刻制作です。

引き続きの、ケース制作なんですが…

ちょっと、作り直します。

今の感じだと、割と簡単に
ちょっと力を入れただけで
ゆがんでしまうんです。

釘が、ちょっと短すぎ&細すぎ
だったかもしれない…。

なので、そのあたりを改良しつつ…

わたしが、今まで使った中で
一番がっしり感があった
木工用ボンドを流し込んで…

再度、木工用パテで隙間埋め。

これで、何とかなるんじゃないかなぁ…?

まずは、明日を待ちます。

●のらにゃんそれぞれ元気2018年08月04日 21:45



今日も、変わらず暑いのに…

なんだか、しろくろさんが…

元気なんです。

元気なのは、いいことですね!

くろねえさんのところに
突撃してみるのもいいかもよ?!


とはいえ、くろねえさんは…

いつもどおり、だったりして。

でも、しろくろさんの為だったら
重い腰を上げてくれるかも…?!

●S2000彫刻制作・612018年08月04日 22:00



今日の、S2000彫刻制作です。

引き続き、トランク周りの
造形です。

実は、朝一番で
リアの厚みを、全体的に
ボリュームアップさせました。

粘土を盛り直しての造形だったんですが、
今日も、暑かったので!

一気に粘土の水分が飛んで…

いい感じになってきました。

明日、もう少し形を整えつつ
テールランプを掘りなおせば、
S2000そのものになるんじゃないかなぁ!

リアに粘土を盛ったついでに…

サイドの高さも合わせました。

これで、ざっくりと
ボンネットから、トランクまでの
ラインがつながったような
気がします。

明日も引き続き、がんばりますよー!

●一本で、精一杯!2018年08月04日 22:15



今日は、FTOに
ハブリングを装着しますよー!

…ハブリング、って何かというと。

簡単に言うと、ホイールの穴と
ホイールを取り付ける部分である
ハブ、と呼ばれる出っ張りが、
ぴったり隙間なく、くっつくように
するための、隙間埋めです。


実のところ、純正のホイールを
履いている場合は、必要ない
部品です。

というのも、純正の場合は
ハブの径と、ホイールの穴の径が
まったく一緒だから。

そのまま差し込むだけで
隙間なく、ぴったりです。


でも、アフターパーツのホイールを
履いている場合は、そうではないんです。

…というのも。

ハブ径って、メーカによって
違いがあるんです。

 67mm → ミツビシ・マツダ
 63mm → 日産
 64mm → ホンダ
 60mm → トヨタ
 56mm → スバル

などなど。

同じメーカーでも、車種によって
違ったりすることもありますし、
年式によっても、変わってきたりします。


そんな、いろんなメーカーの
ハブ径に対応できるように、
社外ホイールには、あえてゆるゆるの
73mmの穴が開けてあることが多いんです。

ただ、社外ホイールは
ナットさえ均等に締めれば、
自然に、ホイールの中心が
ハブの中心にくるような構造に
なっているので、走行するのに
問題はないんです。

実際、わたしもその状態で
10年以上、走っていますから。


…でも!

隙間がない状態のほうが
ベターなのは、確かだったりします。

なので今回、ミツビシの67mmハブと
ホイールの73mmの穴の隙間を埋める
ハブリングを、つけてみようと
思った次第です。


輪っかをかませるだけだし
簡単でしょ?

…と思いきや、実はなかなかに
大掛かりな作業だったりします。

なので…

こんなものを用意です。


ホイールの方は…

特に問題ないんです。

金色のハブリング、平行に
押し込んでみれば、
抵抗なく、ぴったり入ります。


でも…

ハブのほうが、すごいことに…!

矢印の部分に、ハブリングが
かぶさるんですが、ここの素材
鉄なので、すっごいサビサビ!

サビが出ている、ということは
表面がゴツゴツしてるわけですから、
ハブリング、このままでは
入れられません。

なので、電動ドリルの先に
ワイヤーブラシのアタッチメントを
取り付けて、サビを削り落とすんです。

こんな感じ!

地金の色が出て、表面が
滑らかになりました。

…が!

実は、この状態まできれいに
するのに、なんだかんだで
1時間くらい、かかりました…。

電動工具の力を借りているのに…!

わたしのFTO、もうすぐ
21歳ですからねぇ…。

これまで、ハブのサビなんて
気にしたことすら
なかったですから…。

もしかしたら、21年分のサビが
1時間で落とせたわけですから
案外、速かったな…と思う方が
正しいのかも。


というわけで、ようやっと…

ハブリング、ぴったり
はまりましたよー!

輝く、ゴールドのアルマイト。

きれいですねぇ…!

ホイールを装着したら、
完全に隠れちゃいますけどね。


本当は、今日中に前輪2本は
装着したいと思っていたんですが、
無理だったみたい…。

なので明日は、運転席側
前輪のハブリングを、装着します。

今日は、夕方から作業を始めたんですが、
明日は、午前中の早い時間から
がんばりたい!

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう