のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう
☆Twitter・Facebookも、よろしくね。☆

●のらにゃん相思相愛?2017年08月16日 08:30



ずーっと、雨が続く群馬。

天気予報が当たるとしたら、
次に晴れるの、月曜日だそう。

今日、水曜日ですよ?!
まだまだ、続くんですねぇ…!


そんな雨の様子を、朝早くから
くろねえさんが、眺めています。

そこへ…

しろくろさん、飛び出してきた!

すぐ、降りちゃったけど。

雨よりも、自分のことを
気にしてほしかったのかな…?

でも、くろねえさんは
しろくろさんに会いに来たついでに
雨を眺めてるだけだから、ね。

…あれ?

くろねえさん…

舌が出しっぱなしだ…!


しろくろさんは、くろねえさんのこと
真剣に、見つめてるんだねぇ!

●茶虎にゃん彫刻制作・22017年08月16日 21:00



今日の、茶トラにゃん彫刻制作です。

昨日に引き続き…

こんな感じです。

天気が悪くて、まだ
削れるほどには粘土
乾いていないんです。

なので、粘土を盛っての
造形をしました。

明日は、体の大まかな大きさを
決めようと思います!

●油そば!2017年08月16日 21:15



今日はこれ、食べまーす!

油そば 醤油味

シンプルな名前です。


最近、ラーメン屋さんに行くと
油そばが置いてあるお店、
増えてきましたよね。

でも実はわたし、まだ
一度も食べたことがないんです。

なので、あんまり勝手が
わかってなかったりします。

つけ麺は、もりそばを
温かいつゆで食べる感じですよね。

油そばは、汁気はないけど
味がついた油が絡めてあるんだ。

ある意味、焼きそばっぽい
感じなんですかね?


ふたを開けると、こんな感じ。

かやくは麺の上だから、
袋がひとつで、シンプルです。

お湯を入れて4分待ったら
湯きりして、完成!

あ、いいじゃないですか!


香りは、濃厚な
醤油ラーメンという感じ。

味も、そうですね!

なんというか、醤油ラーメン用の
液体スープに油を足して、
希釈せずに、そのまま絡めた感じ?

…なんていうと、雑な食べ物だと
思われてしまうけど、
悪い印象ではないですよ!

インパクトのある、濃厚な
醤油味、そのまま食べても
ご飯にも合いそうです。

さらに、油が入っているから
麺と麺がくっつかなくて
全体的に、つるんとしています。

太い麺と、のど越しが
しっかり楽しめますね!

個人的にこの、麺がほぐれて
つるんとした食感、大好きです!

焼きそばなどもそうですが、
こういう、汁なし麺の場合、
お店のと、カップ麺を比べたとき、
一番の違いって、のど越しだと
思うんですよね。

お店のは、しっかりほぐれてるのに
カップ麺は、どうしてもベタついて
塊になってしまいがち。

その欠点が解消されているのは
すばらしいと思いました。

カップ焼きそばにも
こういうほぐれの良さを
期待したいです!

●3ゃん看板彫刻制作・1202017年08月16日 21:30



今日の、3ゃん看板彫刻制作です。

新・お座りにゃんですが…

こんな感じで、大丈夫かな!

小柄で、かわいくなりました。

長毛にゃんの、夏毛を
イメージしています。


大まかには、これで大丈夫かなぁ…?

主に、造形の面でOKが頂けたら
そろそろ、土台に固定しようと思います。

色の方は、土台に固定した後でも
十分に直せますので!

新・お座りにゃんも併行して
進行中でーす!

●のらにゃん潜伏気分2017年08月16日 21:45



お昼を食べて、作業部屋に
戻ってきたら…

…?!

毛布の塊から、
黒棒が飛び出てる…!

どうやら、しろくろさん
雨が降って涼しいから、
毛布の中にもぐるらしいです。

ぷはー。

あ、位置決まった…?
快適におやすみくださいませー!


…それにしても。

春用のベッドと毛布
しまわなくて、よかった!

●新ALTOさん彫刻制作・1212017年08月16日 22:00



今日の、新型アルトさん彫刻制作です。

ケース制作、もう少しだけ!

山場は越えたので、あとは
スムーズにいけるはず!


今日は、土台部分の組み立てです。

底板と、彫刻を固定する台座を
一体化します。

木工用ボンドを流し込みつつ…

裏からは、釘を打って
しっかり固定です!

中央の二つの穴は、
彫刻の台座に埋め込まれた
ナットまで、ボルトを貫通させる
ためのもの。

低頭ボルトを使うので、
ねじ頭は、底板の深さの中に
収まります。

ふたを留めたら、こんな感じ。

あ、透明板は傷つかないように
一度、外しました。

ふたと、土台を固定するための
2本の手回しねじも、しっかり
留まりましたよー!


…ということで、あとは
土台を黒く塗装して、
底面に傷防止のフェルトを
貼れば、一段落。

その後はまた、アルトさんの
造形仕上げに戻りまーす!

●また、足りなかったけど…2017年08月16日 22:15



この間、購入した…

ジャッキアップしたあとに
かませる、ウマ!

わたし、サイドシル奥の
ジャッキポイントに
かませるために必要な
柔らかアタッチメント、
別売りだってことに、気づかなくて。

やっぱり、足回りをあれこれ
いじる場合は、サイドシル部分に
ウマをかませられた方が
いいですもんね。

なので、追加発注したのが…

届いた!

やわらかゴム製かと思ったら
結構、しっかり硬いんですね!

これで万全だ!

万全、なんですけど…

あらら。

今度は、2個入りだと思い込んでて
1個しか発注しなかった…。


…でもまぁ、そこはいいかぁ。

同時に2つ、サイドシルに
ウマをかませることって
そうそう、ないですし。

それに、もし必要になったら、
純正アタッチメントの形状を真似て、
木っ端で作ればいいですし。

…そんなわけで。

これから、いろいろな作業の
お供で、がんばって頂きまーす!

☆WEBサイト・Twitter・Facebookも、よろしくね。☆


のらにゃんとなんれいのえほんこうぼう