のらみゃんとひろのそうさくこうぼう

●ロト三部作完結!2017年07月30日 22:15



先日、ドラクエⅡをクリアしたことで
ロト三部作、制覇です!

実は、ドラクエⅠ・Ⅱ・Ⅲの世界は
つながっているんですよね。

わたしは、子供のころリアルタイムで
ファミコン版を遊んだ世代なので、
Ⅰ・Ⅱを遊んだあと、Ⅲをクリアしたときは
感動したものです。


実のところ、Ⅰ~Ⅲを物語の
古い順に並べると、

 Ⅲ → Ⅰ → Ⅱ

になるんです。

始まりの物語、実はⅢなんですが
ゲームの、かなり後半になるまで
その事実に、気づけない造りに
なっています。


ちなみに、ロト三部作の
世界地図なんですが…

Ⅰはこんな感じ。

アレフガルド、と呼ばれる世界です。


Ⅱは、というと…

一気に広くなって、一見すると
まったく関係ない世界になったと
思っちゃいますが…

実はここに、アレフガルドがあるんです。

Ⅱの世界は、Ⅰでアレフガルドを
救った勇者が、海を渡ってたどり着いた
新天地で、ローレシア国を作ったあとの物語。

その後、ローラ姫との間に授かった
3人の子供のために、国を
ローレシア・サマルトリア・ムーンブルクの
3つに分けたんです。

その子孫が、Ⅱの3人の主人公。

だから、竜王のひまごも
出てきたんですね。


で、Ⅲの世界は、というと。

こんな感じです。
アレフガルド、まったく関係ないです。

…というか、この形。
地球の、世界地図にそっくりなんです。

ちょっと歪んでますけど、
ユーラシア大陸があって、
アメリカ・アフリカ・オーストラリア。

アトランティス大陸っぽいのもあるし、
もちろん、日本もあるんです。


この世界の平和が、魔王バラモスに
脅かされているから、何とかしよう!

というのが、そもそもの物語の始まり。

でも、バラモスを倒すと、
本当の親玉、大魔王ゾーマの
存在が明るみになります。

そんな大魔王ゾーマは
どうやら、地下世界にいるらしい。

なので、地下に通じているかもしれない
大穴に飛び込むんです。

その先に広がっていたのが…

この世界。

まさしく、アレフガルドなわけです。

そして、Ⅰで竜王がいた城に、
大魔王ゾーマがいます。

つまり、もともとあの城は
ゾーマの城、だったんですね。

竜王は、中古物件を
好みにリフォームして
住んでいたんですねぇ。

勇者ご一行、ゾーマを倒すと
その衝撃で、なのか
地上へ出るための大穴が
ふさがってしまいます。

そのまま、アレフガルドに
残ることになるみたいですが、
このとき、勇者が装備していた
武器防具が、Ⅰ以降の
ロトの武器防具として、後世まで
伝わっていくことになります。


ちなみに、ゾーマを倒すために
必要な、光の玉。

これは、地上世界にいる
竜の女王からもらうんです。

竜の女王は、光の玉を
勇者一向に渡したあと、
ひとつの卵を残して、息絶えます。


ゾーマを倒した後、光の玉は
アレフガルドのラダトーム城に
保管されることになるんですが、
これを奪ったのがⅠの竜王。

どうやら竜王は、Ⅲの竜の女王が
残した卵から生まれた
子供だったみたいです。


すごいですよねぇ…!

こういうあれこれが、自分の
頭の中でつながったとき、
背筋がゾクッとするような
感動を覚えました。

一番感動したのは、やっぱり
Ⅲの、大穴から地下へ降りた後、
初めて、地下世界の大地に
立ったときの音楽。

Ⅰの、アレフガルドを歩いている時の
音楽が流れるんです。

 え、この音楽、まさか?!

…と思って、一番近くにある
城に入ると、Ⅰの出発の地
ラダトーム城なんです。


こんなゲーム、子供のころに
体験しちゃったらねぇ。

大人になっても、やめられませんわ。

地下のアレフガルド、
今日も平和だといいなぁ。

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2017/07/30/8632689/tb


のらみゃんとひろのそうさくこうぼう