のらにゃんとひろのそうさくこうぼう

●エビマヨ!2015年11月14日 21:15



前にも、買ったことがあるんですが…
また、お安い値段で
ブラックタイガーが手に入りました。

ブラックタイガーと、
ホワイト&ブラックキャット。

たぶん、仲間です。

580円、って書いてありますが、
2パックで、1,000円でした。

そして…

マナの樹。

良いブロッコリーも、手に入りました。

なので、初めてなんですが、
「エビのマヨネーズ和え」を
作ってみようと思います。

実は、お店で食べたこと、
過去に一回しかないんです。

ちょうど一年くらい前、
バーミヤンで食べたのが、
今のところの、最初で最後。

特に、嫌っているわけでは
ないんですよ。

ただただ、「エビのチリソース煮」が
好き過ぎるんです。

だから、中華屋さんにいったとき
えび料理を頼もう、と思うと
問答無用で、エビチリを選んでしまう…。

えび料理を二つも頼むのも
アレなので、いつも候補から
落としちゃってたんです。

一年前食べたのは、新聞広告に
「エビマヨお試し割引券」が
付いてたから。

安くなるんなら、食べてみよう!…と。
そしたら、美味しかったんです。

実は、「えびのマヨネーズソース和え」は
もう、しばらく前にお亡くなりになりましたが、
一時は、テレビにも良く出てらっしゃった
「周富徳さん」が考案した、料理なんだそう。

だから、歴史は新しいんです。

なのに今では、どこでも食べられるように
なっています。

周富徳さんが、惜しまずにレシピを
公開なさったこと。

そして、本当に美味しい
料理だからこそ、ここまで
広まったんだと思うんです。


ならばわたしも、挑戦させて頂きたい!

材料はこちら!

写真に撮るの、忘れちゃいましたが、
わたしは、長ねぎも入れました。

えびは、背綿を綺麗に取った後…

紹興酒に、片栗粉・塩こうじ(もしくは塩)・
胡椒を溶いた液に、10分ほど漬けました。

あと、ブロッコリーとアスパラは、
事前に、固茹でしておいてください。


それでは、早速!

まずは、ごま油でにんにくと
輪切り唐辛子を炒めます

良い香りがしてきたら、えび投入!
投入するときは…

綺麗に並べて、両面焼くように
した方が、うまくいきます。

クルリン、と丸めながら焼くと
食べやすくもなります。

えび、火が通ったら
一度、フライパンから退避します。

このまま火を通し続けちゃうと、
サイズがどんどん小さくなって、
食感も硬くなっちゃいます。

次に…

野菜を、全て入れます。
強火で、一気に炒めましょう。

味付けは、塩こうじ(もしくは塩)と…

中華スープ。

この中華スープ、使うの
今回が初めてです。

ちょっと舐めたら、結構濃かったので
量は控えめで大丈夫みたいです。

さらに、ちょっとだけ…

紹興酒を、振りかける程度に。

そして最後に…

マヨネーズと…

退避させていた、えびを合流させます。

しっかりソースをなじませたら、完成!

おお、美味そう!

においも、良いです。
中華な、マヨネーズの香り。

味も、良いですね!
白飯が、すすみます…!

ブロッコリーと、アスパラ。
やっぱり、先に茹でておいて
正解でした。

炒める時間が短縮できて、
火は通っているけれど
香ばしくてシャッキリ、になります。

のろのろしていると、水が出て
ベッチョベチョ…みたいなことにも
なりかねませんから…。

せっかくのブラックタイガーも、
大きいままのサイズで、
ほおばることが出来ました!


以前、エビチリは作ったことが
ありました。

あちらも、なかなか美味しく
出来たんですが、家庭で作るとしたら
エビマヨの方が、向くかもしれないです。

安定して、味が調えられるような
気がしますし、野菜がたくさん摂れますし。

ガサが増やせるのって、
なかなか魅力的です。

作った後に知ったんですが、
どうやら、コンデンスミルクを
加えると、さらに美味しくなるんだそう。

この料理は、また作りたいと思います。
なので次回は、コンデンスミルクを
忘れずに買ってこようと思います!


皆さんも、良かったら是非!
下ごしらえ、ちょっと手間かもしれないですが
味にはきっと、満足できるはず!

コメント

コメントをどうぞ

※メールアドレスとURLの入力は必須ではありません。 入力されたメールアドレスは記事に反映されず、ブログの管理者のみが参照できます。

名前:
メールアドレス:
URL:
コメント:

トラックバック

このエントリのトラックバックURL: http://nora2yan0.asablo.jp/blog/2015/11/14/7908404/tb


のらにゃんとひろのそうさくこうぼう